シリーズアメリカ再発見③デトロイト〜闇の輝き

文&写真/佐藤美玲(Text and photos by Mirei Sato)

食べる

●Coney Island Hot Dog

Photo © Mirei Sato

Photo © Mirei Sato

 デトロイト名物のホットドッグ。ビーフドッグにチリソースとオニオン、マスタードをのせて食べるのが定型。早食い競争で知られるNY・コニーアイランドのホットドッグとは、同名ながら無関係。
 ダウンタウンで隣り合ってしのぎを削る「American」と「Lafayette」。2店の「食べ比べ」はデトロイトに来たらはずせない。どちらが美味しいかフードネッワークの対決番組「Family Feud」にも取り上げられたほど。といっても実はオーナーは兄弟同士。オニオンとソースの量にじゃっかん違いがある程度で、味は変わらない。

●Saganaki

Photo © Mirei Sato

Photo © Mirei Sato

 小さなクラブやレストラン、スポーツバー、カジノが集まるデトロイトのエンターテインメント地区グリークタウン。ここではギリシャ料理のチーズを焼いたアペタイザー「サガナキ」を試したい。人気レストラン「Pegasus」では、テーブルの上で豪快にフランベにしてくれる。デザートのバクラバも、ナッツがざくざく入って蜜もたっぷりだ。

■詳細:pegasustavernas.com

●Eastern Market

Photo © Mirei Sato

Photo © Mirei Sato

 19世紀後半から続くオープンエアの市場で、毎週5万人近くが訪れる。以前は市内東西南北に4カ所の市場があったがここだけが残った。野菜や果物、花、グルメフード、アートまで250以上のベンダーが集まる。デトロイト再開発の象徴。1924年からここで卵を売っているというおじいさんもいる。赤く染めたピスタチオが手に入るのはここだけ。

■詳細:www.detroiteaseternmarket.com

Photo © Mirei Sato

Photo © Mirei Sato

 マーケットの中にある「Russell St. Deli」は、ローカルの食材を使った100以上のオリジナルメニューが人気。特に土曜の朝は外まで長い行列ができ、大きなテーブルで皆が仲良く食べる。ワッフルの焼き具合が完璧。「マーマレード・レディー」の愛称をもつシーリーさんが季節の果物を選んで手作りしたジャムは種類が豊富で、お土産に最適。本文でも紹介したジェイソンさんがオーナー。

■詳細:www.russellstreetdeli.com

泊まる

●Westin Book Cadillac

Photo by Bill Bowen

Photo by Bill Bowen

 かつて「西のパリ」と呼ばれたこともある品格あるホテル。25年ほど空きビルになっていたのを昨年モダンに改装、オープンした。ダウンタウンのアールデコ建築やオペラハウス、劇場、スポーツ施設など、主なみどころに近くて便利。

■詳細:www.bookcadillacwestin.com

買う

●Pure Detroit

Photo © Mirei Sato

Photo © Mirei Sato

 デトロイトならではのグッズを集めた特選ギフトショップ。アールデコが美しいガーディアン・ビルや、GMルネサンス・センターに入っている。Tシャツ、ミシガン独特のpewabicタイルを使った器、そして、車のシートベルトを編み込んでつくったバッグ。バッグのデザイナーはカリフォルニア在住なのだが、デトロイトほどぴったりくる場所はない。街でこのバッグをさげている女性を数人見かけた。「ボーイフレンドが誕生日にくれたの」と喜んで見せてくれる人もいた。

■詳細:PureDetroit.com

旅の情報集めはココで!

 デトロイトの最新情報を集めるなら、観光局のウェブサイトが便利。夏は沢山のイベントやフェスティバルがある。
■デトロイト市観光局:www.visitdetroit.com
■ミシガン州政府観光局:www.michigan.org

●Autopalooza

Photo by Gary Macerba

Photo by Gary Macerba

 9月まで。ミシガンの車文化の集大成のようなイベント。7月29日(日)は、「Concours d’Elegance of America」。コレクターにはたまらないクラシックカーやファッションカーの展示がある。8月18日(土)は、「Woodward Dream Cruise」。デトロイトの目抜き通りWoodward Avenueには、かつてGM、フォード、クライスラーの「ビッグ3」がここで試験車走行をしていた、というちょっとした「都市伝説」が残っている。そこで行われる世界最大のクラシックカーのパレード。4万台が参加、100万人の見物客や愛好家が集まる。

■詳細:www.autopalooza.org
www.concoursusa.org
www.woodwarddreamcruise.com

●Detroit Jazz Fetival 

Photo by Jason Vaughn

Photo by Jason Vaughn

 8月31日(金)〜9月3日(月)。ダウンタウンとリバーフロントで開かれるジャズの祭典。ソニー・ロリンズ、ウィントン・マルサリス、チック・コリア、パット・メセニーらが日替わりで演奏。無料。デトロイトはジャズが盛ん。フェスティバル期間外は、「Cliff Bell’s」など老舗クラブで毎晩質の高い演奏が聞ける。

■詳細:www.detroitjazzfest.com

●Arts, Beats & Eats Festival

 8月31日(金)〜9月3日(月)。ロイヤルオークのダウンタウンで開かれる、芸術と音楽と食の祭典。
■詳細:www.artsbeatseats.com

1 2 3 4

5

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

佐藤美玲 (Mirei Sato)

佐藤美玲 (Mirei Sato)

ライタープロフィール

東京生まれ。子供の時に見たTVドラマ「Roots」に感化され、アメリカの黒人問題に対する興味を深める。日本女子大英文学科アメリカ研究卒業。朝日新聞記者を経て、1999年、大学院留学のため渡米。UCLAアメリカ黒人研究学部卒業・修士号。UMass-Amherst、UC-Berkeleyのアメリカ黒人研究学部・博士課程に在籍。黒人史と文化、メディアと人種の問題を研究。2007年からU.S. FrontLine誌編集記者。大統領選を含め、アメリカを深く広く取材する。

この著者への感想・コメントはこちらから

Name / お名前*

Email*

Comment / 本文

この著者の最新の記事

関連記事

注目の記事

  1. 誰もが知ってるファーストフードの店マクドナルド。しかし、フランチャイズ化を成功させたのは、創...
  2. 高校も3年目になると「AP」クラスなるものが登場する。APとはAdvanced Placem...
  3. エース投手で4番打者というのは少年野球や高校野球ではよくあるパターンだが、プロ野球やメジャー...
  4.  アメリカの現地校に通い、アメリカで暮らしていると、日本語を使う機会はお母さんと話す程度...
  5. 2018年2月7日

    第111回 犬の毛色
    犬の毛色で、人間に一番人気のない色は何色か知っていますか? 答えは、黒。黒犬大好き!な人たち...

デジタル版を読む

フロントライン最新号
ページ上部へ戻る