ルート61 音楽街道の旅

文/細田雅大(Text by Masahiro Hosoda)
写真/川畑嘉文(Photos by Yoshifumi Kawabata)

Photo © Yoshifumi Kawabata

Photo © Yoshifumi Kawabata

 ルイジアナ州ニューオーリンズからミネソタ州ワイオミングまで、ミシシッピ河に沿って南北に伸びるアメリカの国道、61号線。
 いつ頃からか、この道を旅してみたいと思うようになった。それにはまず、ボブ・ディランの影響があった。ここ数年、ノーベル文学賞の候補にも上がっていると噂される歌手、ボブ・ディラン。彼が歌った「Highway 61 Revisited」は1965年の同名アルバムに収められている。ここでディランは、善悪を超越した奇怪な事態が起きる場所として61号線を捉えている。

ミシシッピ州リーランドはブルースの町。B.B.キング他の壁画が見られるPhoto © Yoshifumi Kawabata

ミシシッピ州リーランドはブルースの町。B.B.キング他の壁画が見られる
Photo © Yoshifumi Kawabata

 ロバート・ジョンソンが悪魔に魂を売り渡したクロスロード伝説の影響も大きい。20世紀前半のごく短い活動期間であったにも関わらず、彼のブルースは後世に強い影響を与えた。ジョンソンは、61号線のとある十字路で悪魔と契約を交わし、超絶的なギター演奏能力を授かったとされている。若き日のディランやエリック・クラプトン、そしてキース・リチャーズらをしびれさせ、濃密なブルースの世界へ引きずり込んだのが彼だ。

 昨年の11月上旬、友人のフォトジャーナリスト、川畑嘉文氏とともに私は、61号線の南端から北端まで、大統領選の投票日を挟んだ1週間の旅をした。各地ゆかりの作品を聴きながら音楽の道を走ることで、何が見え、何が聴こえてくるのかに興味があった。
 これから旅をされる読者の役に立つよう、実際にかかった費用などもお伝えしていきたい。

音楽とは関係ないが文豪マーク・トウェインも登場Photo © Yoshifumi Kawabata

音楽とは関係ないが文豪マーク・トウェインも登場
Photo © Yoshifumi Kawabata

1

2 3 4 5 6 7 8

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

関連記事

注目の記事

  1. Part1 北米・ヨーロッパの名産を日本へ Nishimoto World Gift 詳細...
  2. 活火山がうごめき、黒い溶岩が大地を這う。ハワイ島(ビッグ・アイランド)は、生きている。ハワイを形成する6つの島の中で、一番年齢が「若い」。まだ、たったの70万歳。島には、命が、息吹が、みなぎっている。
  3.  この原稿を書いている時点では、まだ発表されていない2016年のエミー賞。テレビ界のアカデミ...
  4.  前回のコラムで、アメリカ国外に再入国許可なしで1年以上滞在し、グリーンカードが放棄されたと...
  5. 1日目 キト ↓ バルトラ島 ↓ サンタクルス島  飛行機がバルトラ空...

デジタル版を読む

フロントライン最新号
ページ上部へ戻る