シリーズ世界へ! YOLO⑬
行っちゃいました! 夢の南極 (Antarctica)
〜後編

文&写真/佐藤美玲(Text and photos by Mirei Sato)

シュークリームのような山=6日目、ルメール海峡 Photo © Mirei Sato

シュークリームのような山=6日目、ルメール海峡
Photo © Mirei Sato

Day 6  ︱  11 December 2012

  • 記録時間2115hrs
  • 緯度65˚02′ S/経度63˚52′ W
  • 針路39˚/速度9.2 knots
  • 気圧986.6 hPa/風速12 knots NE
  • 気温0℃/海面温度0℃

 午前3時、寒すぎて目が覚めた。手と足の爪先がかじかんでいた。迎えのボートが来るまで、まだ2時間もある。まずい。このままだと寒さが全身に回るのは意外と早いのでは…。そう思うと不安になった。

 今回のクルーズ旅で最大のチャレンジとなる、「南極氷上キャンプ」。参加者の3分の2にあたる28人は、前夜、キャンプ先のパラダイス・ハーバー(Paradise Harbour)に上陸した。すでに午後11時を過ぎていた。夏の南極では太陽は沈まないので、夜中でも薄ぼんやりと明るい。

 水辺のそばに寝床をつくった。足で雪の上に、棺桶のような長方形のスペースを浅く掘り、よく踏み固めて平らにする。そこに薄いマットを敷き、寝袋を広げる。
 気温は摂氏マイナス5度。ドン・マクファジェン隊長から「持ってきた防寒具はすべて着るように」と言われていた。人一倍寒がりの私は、着られるものはすべて着て、船室から持ってきた毛布をぐるぐる体に巻いた。手袋と靴下の中に使い捨てカイロを張り、頭にはバラクラバ(目出し帽)も含めて帽子を3つかぶった。息をするのも苦しいぐらいのミノムシ状態で、寝袋にすべり込んだ。

 寒さより怖かったのはトイレだ。キャンプ地にはトイレもテントもないと聞いて、私は昼過ぎから「断水」していた。緊急事態になったら、ペンギンのように自然の中で済ませるしかない。それはやっぱり「環境保護」の観点からいって、誰もやりたくないのだった。
 中には、勇敢にもホットチョコレートやコーヒーを持ち込んで「一晩中パーティーだ」なんて子供のようにはしゃぐ人もいたけれど、1日の疲れもあって、寝袋にもぐり込むと皆すぐにシーンとなった。

 3時に寒くて目が覚めてしまったのは、私が寝床を平らにしきれていなかったせいだ。体が氷の上をスライドして移動し、その分だけ足先がマットからはみ出していた。下から冷気が伝ってくる。寝返りを打つのも難しかったが、寝袋の中で体をガサガサ動かして手足をこすり合わせ、なんとか体温を維持した。

 横で寝ていたオーストラリア人のマーガレットも、目を覚ましていた。「空がきれいよ。起きて写真を撮ってきたら?」と言う。
 寝袋から顔を出して眺めると、山の頂きに雲と霧がかかり、すき間の空が薄いピンク色に染まっていた。白と青の透き通った南極のイメージとはまた違う、神秘的な装いだ。ハーバー周辺のグレイシャーは、灰白色の和紙でできたカーテンのよう。ところどころに帯や縞の模様が入って、オリガミのような不思議な造形美を見せている。

 写真を撮りに行きたい気もしたが、カメラが入ったバッグには霜がおりていたし、寝袋から出るなんてトイレへの招待状に等しい。目に焼き付けるだけにしておこう。
 人間を簡単に寄せつけない厳しさと、そこにチャレンジした探検家たちの足跡、この大陸でしたたかに生きる野生動物たちの強さ——。そんなことを考えながらまた眠りに落ちた。

 次は何度も名前を呼ばれるまで起きられなかった。「皆もう船に戻るよ」。えっと思って飛び起きると、おおかた海岸に移動している。沖合に停泊している私たちの船ポーラー・パイオニア号は、朝4時に錨を巻き上げた。古い船なので音がかなり響く。それが目覚まし時計になって、皆「早く早く」と待っていたらしい。
 ゾディアックが到着するや、先を争って乗り込んでいった。特に「ホットチョコレート組」は、トイレを相当我慢していた模様。私も慌てて寝袋をたたみ、最後のゾディアックに飛び乗った。

 バラ色の朝焼けだ。太陽が出れば、やっぱり暖かい。
 入れ替わるようにジェンツー・ペンギンが3匹、岸に向かって泳いできた。人間は早く去ってくれと言わんばかり。ピチャピチャと音を立てて上陸した。
 忙しい1日が、また始まるのだ。
 


 

1

2 3 4 5 6

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

関連記事

注目の記事

  1.  東日本大震災で犠牲になったアメリカ人、テイラーさん(当時24歳)の生涯を、家族や恋人、友人...
  2.  和歌山県太地町で撮影された反捕鯨映画「The Cove」。同作は大きな話題になっただけでな...
  3.  早いもので、あなたがレインボーブリッジのもとに旅立ってから5年半以上もの日々が過ぎました。...
  4.  ホームオーナーズ保険に加入していれば個人所有物も保険にかかっていますが、項目によって上限が...
  5. Part1 北米・ヨーロッパの名産を日本へ Nishimoto World Gift 詳細...

デジタル版を読む

フロントライン最新号
ページ上部へ戻る