シリーズアメリカ再発見⑯
ハリウッドサイン90歳

文&写真/佐藤美玲(Text and photos by Mirei Sato)

世界のどこを探しても、これほど大きくて有名な、地名の看板はないのではないか。映画の都の愛すべきアイコン。きらびやかな成功を夢見て、世界中からドリーマーを引きつけるシンボル——。そんな「ハリウッドサイン」が、今年(2013年)の9月、90歳の誕生日を迎えた。白く輝く9文字は、ロサンゼルスのあちこちから眺めることができる。馬に乗って、ハイキングしながら、ヘリコプターで空の上からも! 見て遊んで楽しむ、ハリウッドサインのおすすめ鑑賞&展望スポットを紹介する。(*注:情報は掲載誌発行時点のものです)

Photos © Mirei Sato

Photo © Mirei Sato

馬に揺られて

広大なグリフィス・パークPhoto © Mirei Sato

広大なグリフィス・パーク
Photo © Mirei Sato

 ハリウッド観光の中心地、スターの手形や星が並ぶ「ウォーク・オブ・フェーム」から北へ。ビーチウッド・ドライブをハリウッドサインを前方に見上げながら車で10分も走ると、住宅街が終わって、道は行き止まりになる。
 「サンセット・ランチへようこそ」。ハリウッドサインのほぼ真下、山の中腹のポケットに隠れるように存在する乗馬センターだ。

 ハリウッドサインは、ロサンゼルスの北にそびえる山、マウント・リーのてっぺんにある。標高1680フィート。広大な市営公園「グリフィス・パーク」の一角だ。
 公園の中に乗馬用のトレイルは複数あるけれど、ハリウッドサインの南側(ふもと)というロケーションは、このサンセット・ランチだけ。「サインを見ながら馬にも乗れちゃう」という素晴らしいアイデアなのだが、観光スポットとしては意外に知られていない。

 かくいう私も、グリフィス・パークは何度も訪れているのに、行くのはいつも天文台や野外劇場がある東側ばかり。サンセット・ランチのある西側からパークに入るのは初めてだ。

馬に揺られて眺めるハリウッドサインPhoto © Mirei Sato

馬に揺られて眺めるハリウッドサイン
Photo © Mirei Sato

 60頭以上の馬たちと、カウボーイハットをかぶった元気なガイドさんが迎えてくれた。ここでの乗り方は、手綱をゆるめに持って片手で操るウェスタン・スタイル。練習でコツをつかんで、さっそく出発する。

 ランチを出るなり、急な山道。10分もしないうちに、あー見えた! 赤と白の電波塔、その横に、HOLLYWOOD。片手で手綱、片手でカメラのシャッターを切る。
 馬が進むトレイルはパークの東へ向かっていくので、しばらくするとサインは山の背後に隠れて見えなくなる。でもスリルが増すのはここからだ。馬も、散歩中の犬も、ジョギングする人も、皆同じトレイルを使う。邪魔にならないよう、馬はかなり端に寄って歩くのだが、肩越しに見下ろすとかなり急な崖。カーブもあるし、足を滑らせたら一直線なのは間違いない。
 「心配しないで~。馬だって、あなた以上に落ちたら怖いと思っているから、注意深くしてますよ」。下ばかり見ていたら、ガイドさんに笑って言われてしまった。

 馬上に揺られて見る景色は格別だ。公園の南東に突き出た天文台、ダウンタウンのスカイライン、太平洋まで。ハリウッドの人混みから10分走っただけで、別世界。何年もロサンゼルスにいながら、こんなワイルドな開放感を今日まで知らずにいたのは、もったいなかった。

馬、犬、人が共有するトレイル。崖は怖いが、眺めは素晴らしいPhoto © Mirei Sato

馬、犬、人が共有するトレイル。崖は怖いが、眺めは素晴らしい
Photo © Mirei Sato

Sunset Ranch Hollywood

Photos © Mirei Sato

Photo © Mirei Sato

3400 N Beachwood Drive,
Los Angeles, CA 90068
323-469-5450
www.SunsetRanchHollywood.com
ガイドがついてグループで進む1時間(40ドル)と2時間(60ドル)のツアーがある。ハリウッドサインが目当てなら1時間で十分。バックパックは禁止。受付で預かってくれるが、なるべく身軽な格好で行こう。ほかに夕暮れのサンセット・ツアー、BBQやランチつきツアーなど(要予約)。馬のレンタル、レッスンもある。

1

2 3 4 5 6

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

関連記事

注目の記事

  1. 湖畔に佇む 重厚な古城風ホテル Mohonk Mountain House New Pal...
  2. 「婦人科系がん検診について」 産婦人科医 鈴木葉子  がん検診の...
  3.  数カ月の間に二人の親しい知人をあの世に見送った。庭に生息する小さな虫さえ動かなくなるのを見...
  4. 今回、3回にわたり、皮膚科領域の国際的な論文の話を織り交ぜながら、皮膚科学の最新情報を読者の...
  5. 2016年11月2日

    第97回 The Sato Project
     The Sato Projectというアニマル・レスキュー団体で、日々情熱を注ぎ活...

デジタル版を読む

フロントライン最新号
ページ上部へ戻る