シリーズアメリカ再発見㉑ 飛翔!グランドキャニオン・ウェスト

文&写真/佐藤美玲(Text and photos by Mirei Sato)

 

泥茶色に濁ったコロラド・リバー Photo © Mirei Sato

泥茶色に濁ったコロラド・リバー
Photo © Mirei Sato

 朝7時半、ロッジを出て、スクールバスのような車に乗り込んだ。ガタガタと、未舗装の道を1時間ほど揺られたか。ボート乗り場に着いた。泥茶色に濁ったコロラド・リバーが、目の前を流れていた。

 「この間降った大雨のせいでね、こんな色になっちゃったんですよ」。私たちが乗るゴムボートの運転手、クリントが話しかけてきた。

 私たちは、ブラジル、イギリス、カナダ、ドイツ、フランス、中国、メキシコから集まったライターの一行だ。1日かけて、コロラド・リバーの急流をくだる。

 ライフジャケットを手渡され、荷物はすべて防水バッグの中に入れるよう指示された。
 みんなアドベンチャー系だから、「写真が命なのにねぇ…」と残念がる。「防水カメラだしちょっとぐらい濡れても平気だけど」と言い張る人もいたが、「いや、やめておいた方がいいでしょう」と真顔で言われ、しぶしぶ従った。

 この一帯は、グランドキャニオン・ウェストと呼ばれる。グランドキャニオンは、アリゾナの北部277マイルに及ぶ大峡谷で、誰もが知っている「グランドキャニオン国立公園」はその一部に過ぎない。3分の1以上は、先住民フアラパイ(Hualapai)の居留地にある。

 私たちが訪れたのは10月上旬で、連邦議会で共和党と民主党が茶番劇を繰り広げ、暫定予算が成立しなかったために国立公園がすべて閉鎖される、という異常事態のさなかだった。グランドキャニオン・ウェストは先住民が所有・統治する土地だから、影響を受けない。私たちはラッキーだった。

 前夜泊まったロッジには、ノースリムやサウスリムを締め出された人たちから、「部屋空いてますか」という電話がかかってきていた。「小さな公園の端と端ぐらいに思っているんでしょうけど、グランドキャニオンってそんなに小さい場所じゃないのよね。ウェストリムまで来るのに車で5時間はかかりますから」。スタッフは困り顔で対応していた。
 

1

2 3 4 5

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

関連記事

注目の記事

  1. 2017年4月2日

    第102回 犬ビジネス
     昨秋、生まれて初めてひどい腰痛を患いました。大型犬の飼い主としては致命傷。完治するまでの間...
  2.  アメリカのトップ1%(実質的には0.1%)による富の支配が騒がれるようになってから、随分経...
  3. 20年後の自分に宛てた手紙  世界各地で「タイム・アフター・タイム・カプセル・アートプ...
  4.  ソノマといえば、ナパと並んで、北カリフォルニアのワインカントリーの雄。オークランドに5年住...
  5.  愛犬ジュリエットが13歳を超えた頃から、「おかしな行動」を見せるようになりました。部屋の隅...

デジタル版を読む

フロントライン最新号
ページ上部へ戻る