シリーズアメリカ再発見㉗
イリノイ横断 ルート66

文&写真/佐藤美玲(Text and photos by Mirei Sato)

アメリカの母なる街道「ルート66」。出発点シカゴから、イリノイ州を横断して、セントルイスへ。今は思い出の中だけに存在するその道を、愛し、守る人たちに出会った。

 

ジョリエットのウェルカムセンターに飾ってある地図。これから向かうルート66沿いの地名や名物に、ワクワクする Photo © Mirei Sato

ジョリエットのウェルカムセンターに飾ってある地図。これから向かうルート66沿いの地名や名物に、ワクワクする
Photo © Mirei Sato

Joliet
ジョリエット

 出発点シカゴには、これといったルート66の遺産はない。「ここからスタート」という地味な標識はあるけれど、大都会では誰も気に留めない。私も朝のシカゴのダウンタウンの渋滞を抜けることに集中していて、標識を探して写真を撮ることすら忘れてしまった。

 南西へ約1時間走ると、ジョリエットに着く。ここで初めて、ルート66に来た実感がわく。

 街の入り口では、黒いスーツにサングラス姿、ひねくれたポーズの2人組が待っている。地元が生んだジョリエット・ジェイクと、エルウッド(ジョリエットの隣りの街の名)だ。

 すぐ近くの刑務所から出てきたジェイクと、エルウッドの2人が、ブルースの大御所たちと警察を巻き込んでいくハチャメチャ映画「ブルース・ブラザーズ」は、アメリカのポップカルチャーを代表する傑作の一つだ。映画の幾つかのシーンはジョリエットで撮影された。刑務所は今も健在。


旅の参考情報

Joliet Area Historical Museum & Route 66 Welcome Center
www.jolietmuseum.org

(右)ウェルカムセンターで迎えてくれた、イリノイ・ルート66協会のジョン・ワイスさん Photos © Mirei Sato

(右)ウェルカムセンターで迎えてくれた、イリノイ・ルート66協会のジョン・ワイスさん
Photos © Mirei Sato


 


 

1

2 3 4 5 6 7

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

関連記事

注目の記事

  1. 六代目 大分県九重町の蔵元、八鹿酒造の六代目です。高校時代は剣道に明け暮れ、先...
  2.  早いもので、あなたがレインボーブリッジのもとに旅立ってから5年半以上もの日々が過ぎました。...
  3. SHISEIDO 資生堂が、Bio-Performanceからの2つの商品を含む2016年秋の新作...
  4. まずはミズーリ州最高峰を制覇 広いアメリカ、旅先にはことかかないようで、意外と他州に目が向かな...
  5. 本誌3月号では、売却されたロサンゼルスの元敬老ホームを日系社会に取り戻す活動を続ける「高齢者を守る会...

デジタル版を読む

フロントライン最新号
ページ上部へ戻る