シリーズアメリカ再発見㉗
イリノイ横断 ルート66

文&写真/佐藤美玲(Text and photos by Mirei Sato)

アメリカの母なる街道「ルート66」。出発点シカゴから、イリノイ州を横断して、セントルイスへ。今は思い出の中だけに存在するその道を、愛し、守る人たちに出会った。

 

ジョリエットのウェルカムセンターに飾ってある地図。これから向かうルート66沿いの地名や名物に、ワクワクする Photo © Mirei Sato

ジョリエットのウェルカムセンターに飾ってある地図。これから向かうルート66沿いの地名や名物に、ワクワクする
Photo © Mirei Sato

Joliet
ジョリエット

 出発点シカゴには、これといったルート66の遺産はない。「ここからスタート」という地味な標識はあるけれど、大都会では誰も気に留めない。私も朝のシカゴのダウンタウンの渋滞を抜けることに集中していて、標識を探して写真を撮ることすら忘れてしまった。

 南西へ約1時間走ると、ジョリエットに着く。ここで初めて、ルート66に来た実感がわく。

 街の入り口では、黒いスーツにサングラス姿、ひねくれたポーズの2人組が待っている。地元が生んだジョリエット・ジェイクと、エルウッド(ジョリエットの隣りの街の名)だ。

 すぐ近くの刑務所から出てきたジェイクと、エルウッドの2人が、ブルースの大御所たちと警察を巻き込んでいくハチャメチャ映画「ブルース・ブラザーズ」は、アメリカのポップカルチャーを代表する傑作の一つだ。映画の幾つかのシーンはジョリエットで撮影された。刑務所は今も健在。


旅の参考情報

Joliet Area Historical Museum & Route 66 Welcome Center
www.jolietmuseum.org

(右)ウェルカムセンターで迎えてくれた、イリノイ・ルート66協会のジョン・ワイスさん Photos © Mirei Sato

(右)ウェルカムセンターで迎えてくれた、イリノイ・ルート66協会のジョン・ワイスさん
Photos © Mirei Sato


 


 

1

2 3 4 5 6 7

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

関連記事

注目の記事

  1. まだ暑い9月ですが、一足先に秋のメニューをご紹介します。主菜には、北海道の郷土料理、ちゃんちゃん焼き...
  2. 永住権を失効させないための注意点は? 質問者:永住権保持者 取り消されるこ...
  3.  フロントライン誌で「極苦楽ライフ」を好評連載中の樋口ちづ子さんが、本を出版しました! タイ...
  4. 活火山がうごめき、黒い溶岩が大地を這う。ハワイ島(ビッグ・アイランド)は、生きている。ハワイを形成する6つの島の中で、一番年齢が「若い」。まだ、たったの70万歳。島には、命が、息吹が、みなぎっている。
  5.  子どものころには、家の近所でもしばしばお遍路さんの姿を見かけた。いまでもおぼえているのは年...

デジタル版を読む

フロントライン最新号
ページ上部へ戻る