シリーズアメリカ再発見㉚
胃袋がいなないた!
ケンタッキー 馬とバーボンの旅

文&写真/佐藤美玲(Text and photos by Mirei Sato)

 

Photo credit: www.Kentuckytourism.com

Photo credit: www.Kentuckytourism.com

Lexington
レキシントン

 なだらかな丘陵に、ケンタッキー・ブルーグラスの黄緑色の葉が揺れる——。州の東端にあるレキシントンは、アメリカの競走馬産業のメッカだ。

 ケンタッキーで馬といえば誰しもルイビルを思い浮かべるが、「あそこはダービーの2分間だけ。それ以外のすべてのことは、レキシントンで起きるんですよ。ダービーの開催中だって、馬をよく知っている人はルイビルに行かず、ここに集まるぐらいですから」と、地元の人は胸を張る。

 ルイビルとレキシントンには、それぞれルイビル大学(愛称カージナルス)とケンタッキー大学(愛称ワイルドキャッツ)という公立大学が存在し、ことあるごとに対決する強力なライバル同士なので、多少の皮肉は込められていそうだが、誇張ではない。

 サラブレッドの飼育場が点在し、サッカーや野球をやるように子供たちが馬術に精を出す。市内のキーンランド競馬場は、サラブレッドの競り市を開くことで有名だ。

Photo © Mirei Sato

Photo © Mirei Sato

 そんなレキシントンが一番熱を帯びるのは、馬の繁殖シーズンにあたる、春かも知れない。

 いろいろ聞いていると、この世界、「血統」を守るのに一番大切なのは、ケンタッキーの水でも調教でもなく、「種付け」であることが分かってきた。

 サラブレッドと認められるためには、人工授精ではダメ。だから繁殖シーズンになると、「その道」に秀でた牡馬が選ばれる。そこへ世界中から馬主たちが、これはと見込んだ牝馬をトレーラーに乗せてやって来る。
 馬がその気になったら、即、ババッと手助けして「馬乗り」にさせる。牝馬は1日2〜3度、これを繰り返す。牡馬のほうはエンドレスだ。

 血統を証明するため、馬主はしっかりビデオ録画もする。馬主には借金がある人もいる。血統のいいサラブレッドを産ませることに成功すれば、借金も返せるから、真剣だ。種をいただくのだからもちろん有料で、逆に、約束通りに種が付かなければ返金してもらうとか、そんなやり取りもあるらしい。

 種付け現場を見たことがある人の話では、馬主を含めた見学者たちは、馬のムードを損ねないようにと物音ひとつにも神経質で、異様〜な雰囲気。ミント・ジュレップ片手に…なんていう世界からは、ほど遠かったそうだ。

 いやはや、うわさ話に聞く「皇室の初夜」みたいなシーンではないか…。それに、もしも産めない体質の牝馬だったら価値はないのかしら、などと考え出すと、女性としては気分のいい話ではない。

 しかし、なにごとも、見ずして決めつけてはいけないだろう。ぜひともナマで見てみたい! 春はもうすぐ。また行こうか。心(胃袋)は早くもケンタッキーへ飛んだ。

Photo © Mirei Sato

Photo © Mirei Sato

取材協力/Special thanks to Mississippi River Country, Kentucky Department of Travel and Tourism, Lexington Convention & Visitors Bureau, and Louisville Convention & Visitors Bureau

 

1 2

3

4

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

関連記事

注目の記事

  1.  アメリカの現地校に通い、アメリカで暮らしていると、日本語を使う機会はお母さんと話す程度...
  2. 米国帰化移民局(USCIS)とソーシャルセキュリティ管理局の間の新しい状況共有パートナーシッ...
  3. 旬の野菜、カブとミツバを使ったレシピです。カブは火の通りが速いので、すべての材料を入れ、ひき肉がほぐ...
  4. 集中するのが難しい? 眠れない? これらはストレスによって心身が侵されている前兆でもある。英...
  5.  ニナはほぼ毎日「今日はどんな1日だった?」と聞いてくる。私は仕事で大変だったことや、興味深い人物に...

デジタル版を読む

フロントライン最新号
ページ上部へ戻る