ディズニー・クルーズライン
バハマ4泊の旅 前編

文/佐藤美玲(Text by Mirei Sato) 取材協力/ミッキーネット

 ディズニー・ドリーム号は、2011年1月にデビューした。13万トンとかなり大きく、1250の客室がある。
 「お部屋の用意ができましたよ」と言われて、階下の客室へ向かった。ディズニーのクルーズでは、客室は「ステートルーム」と呼ばれる。部屋はバス・トイレつき。清潔で、機能的だ。ベッドやソファ、デスクやテレビ、クローゼットもあり、5日間を快適に過ごせそうだ。
 部屋ごとに「ホスト」と呼ばれるスタッフがいて、掃除やタオルの交換はもちろん、さまざまな質問にも答えてくれる。
 私のホストは、インドネシア・バリ島出身のギーデさん。客の名前をすぐ覚え、廊下ですれ違うたび、明るい声で気遣ってくれる。5日間を通して、いつ見てもかいがいしく動き回っていたのが印象的だった。
 船で働く人たちは、世界中から集まっている。制服の胸につけている名札に、名前と出身国が書いてあるので覚えやすいし、母国の話題で会話がはずめば、親しくもなれる。
 クルーズでは、朝食と昼食は船内のどこで食べてもいい。夜のディナーだけは、毎晩レストランが決まっている。「ローテーション・ダイニング」と呼ばれるシステムだ。日替わりで3カ所のメーン・レストランを回る。テーブルごとに客もサーバーも一緒に移動するのがユニーク。客とスタッフが、あるいは同じテーブルについた客同士が親しくなれるように、という配慮からだ。
 最初の晩のレストランは、カリフォルニア料理を出す「Animator’s Palate」だった。サーバーは3人1組。私のテーブル担当は、ジャマイカ出身のリンバルさん、インド出身のブライトンさん、トルコ出身のセロさんの面々。料理の注文や配膳だけでなく、テーブルを回って子供にマジックをして見せたり、バースデーソングを歌ったりと、忙しい。
 夜は、大劇場ウォルト・ディズニー・シアターで、オリジナルのミュージカルが上演される。レッドカーペットにミッキーが登場する趣向まであって、就寝時間を過ぎているのではと思うような小さな子供たちが、興奮して駆け回っていた。
 客室に戻ると、きれいにターンダウン・サービスがしてあった。ギーデさんだろう。
 明日は、バハマの首都ナッソーに上陸する。


1

2

3 4 5

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

関連記事

注目の記事

  1. 昨年「ワイン業界の、次のホームランは何か?」という題名で記事を書いたが、その時に人気のロゼワ...
  2. 米国帰化移民局(USCIS)とソーシャルセキュリティ管理局の間の新しい状況共有パートナーシッ...
  3. 1日目 キト ↓ バルトラ島 ↓ サンタクルス島  飛行機がバルトラ空...
  4. 2017年8月2日

    勢い vs. 慎重さ
    Appleのマーケターとして知られるGuy Kawasakiさんのスピーチの中にこんなフレ...
  5. クロアチア共和国の首都、ザグレブの空港に降りたのは、もう夜遅い時間だった。大雨の中、3時間ドライブして、小さな村に着いた。クロアチア東部に広がるスラボニア地方、ポーツェガという村だ。道中は真っ暗闇だった。

デジタル版を読む

フロントライン最新号
ページ上部へ戻る