ディズニー・クルーズライン
バハマ4泊の旅 前編

文/佐藤美玲(Text by Mirei Sato) 取材協力/ミッキーネット

 ディズニー・ドリーム号は、2011年1月にデビューした。13万トンとかなり大きく、1250の客室がある。
 「お部屋の用意ができましたよ」と言われて、階下の客室へ向かった。ディズニーのクルーズでは、客室は「ステートルーム」と呼ばれる。部屋はバス・トイレつき。清潔で、機能的だ。ベッドやソファ、デスクやテレビ、クローゼットもあり、5日間を快適に過ごせそうだ。
 部屋ごとに「ホスト」と呼ばれるスタッフがいて、掃除やタオルの交換はもちろん、さまざまな質問にも答えてくれる。
 私のホストは、インドネシア・バリ島出身のギーデさん。客の名前をすぐ覚え、廊下ですれ違うたび、明るい声で気遣ってくれる。5日間を通して、いつ見てもかいがいしく動き回っていたのが印象的だった。
 船で働く人たちは、世界中から集まっている。制服の胸につけている名札に、名前と出身国が書いてあるので覚えやすいし、母国の話題で会話がはずめば、親しくもなれる。
 クルーズでは、朝食と昼食は船内のどこで食べてもいい。夜のディナーだけは、毎晩レストランが決まっている。「ローテーション・ダイニング」と呼ばれるシステムだ。日替わりで3カ所のメーン・レストランを回る。テーブルごとに客もサーバーも一緒に移動するのがユニーク。客とスタッフが、あるいは同じテーブルについた客同士が親しくなれるように、という配慮からだ。
 最初の晩のレストランは、カリフォルニア料理を出す「Animator’s Palate」だった。サーバーは3人1組。私のテーブル担当は、ジャマイカ出身のリンバルさん、インド出身のブライトンさん、トルコ出身のセロさんの面々。料理の注文や配膳だけでなく、テーブルを回って子供にマジックをして見せたり、バースデーソングを歌ったりと、忙しい。
 夜は、大劇場ウォルト・ディズニー・シアターで、オリジナルのミュージカルが上演される。レッドカーペットにミッキーが登場する趣向まであって、就寝時間を過ぎているのではと思うような小さな子供たちが、興奮して駆け回っていた。
 客室に戻ると、きれいにターンダウン・サービスがしてあった。ギーデさんだろう。
 明日は、バハマの首都ナッソーに上陸する。


1

2

3 4 5

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

関連記事

注目の記事

  1. 東西に川で分かれる 町を繋ぐのは12の橋  ポートランドは、町を東西に分けるようにウ...
  2.  アメリカのトップ1%(実質的には0.1%)による富の支配が騒がれるようになってから、随分経...
  3. 昼は子供中心の場所で 夜はオトナが科学する  OMSI(オレゴン科学産業館)には、科学を...
  4. 注:本稿は、特に日系企業の駐在員の方々が連邦税務申告書を自分で作成できるようにステップを示し、並行し...
  5.  取り立てて大きな事件もなく普通の人々の生活を描く映画は退屈に感じてしまう筆者だが、本作は最...

デジタル版を読む

フロントライン最新号
ページ上部へ戻る