ディズニー・クルーズライン
バハマ4泊の旅 前編

文/佐藤美玲(Text by Mirei Sato) 取材協力/ミッキーネット

DAY2
ナッソーに上陸

●日の出6:37am/日の入り7:39pm
●天気 晴れ
●最高気温 摂氏26度
●本日のメーンイベント

9:30am ナッソー下船
5:15pm 全員乗船
●キャラクター・グリーティング
ミッキー&フレンズ、プリンセス・ミニー、ティンカーベル、チップ&デール、白雪姫、ドナルドダック、デイジーダック、グーフィー、プルート、シンデレラ、ベル
●夜のミュージカル
「Villains Tonight!」
●映画上映
「Cinderella」「Monkey Kingdom」「Big Hero 6」
●ファミリー向けイベント
ゲームショー、カラオケ、ダンスパーティーなど
●子供向けイベント
プルートのパジャマ・パーティー、ティンカーベルのタレントショーなど
●大人向けイベント
シャンペン・テイスティング、テキーラ&マルガリータ・テイスティングなど

Diana Zalucky, Disney Cruise Line

Diana Zalucky, Disney Cruise Line

●ディナー会場
「Enchanted Garden」
ベルサイユ宮殿の庭をモデルにしたレストラン。噴水やフレスコ画に囲まれ、温室にいるようなイメージで食事ができる。朝と昼もオープンしているが、夜は照明を含めて、イメージががらりと変わる。

 日の出を見ようと、早く起きてデッキに上がった。いるのはプールサイドを掃除するスタッフぐらいで、昨夜の熱気が嘘のよう。
 ナッソーでは、下船すると、30種類ぐらいのアクティビティー(別料金)が用意されている。船内の予約カウンターには昨日、出港前から長い行列ができていた。人気のアクティビティーはすぐに満員売り切れになってしまう、というのを私は知らなかった。気づいたときにはもう遅く、「イルカと泳ぐツアー」は売り切れていた。
 イルカと泳がなくてもただのんびりすればいいか、と思い直し、「沖合でシュノーケル」に申し込もうとしたが、「天気が不安定なので明日の朝になってからいらっしゃい」と言われていた。
 結局、そんな心配は無用だった。バハマの強い日差し。白いカタマランに乗り込んで、青緑色の海を進む。もぐると、カラフルな魚やロブスターが見えた。
 意外と水温は低く、波もあったので、シュノーケルは早々に切り上げて、港へ戻った。ナッソーには、ディズニーの船以外にも、大手のクルーズ船が3隻も停泊していた。
 ナッソーは、多くのクルーズ客にとっては「高級ブランド品が安く免税で買える場所」らしい。港の前の目抜き通りには、そんな感じの店の看板もちらっと見えたが、それとは反対方向へ歩くことにした。
 生のコンク貝が食べたかったからだ。通りかかった人に聞くと、「ビーチに沿ってずっと歩いていくと、フィッシュ・フライという店に着くから」と言われたので、そこを目指した。
 途中、イギリス統治時代の名残を感じさせる建物や、奴隷貿易の歴史を記録する博物館などを通り過ぎた。アメリカ人観光客向けだろうか、キューバ産の葉巻を売っている店も多い。でも、アメリカとキューバの国交が正常化し、間もなく往来も自由になったら、ありがたみはなくなってしまうかも。
 市場「ストロー・マーケット」は、中が真っ暗で、迷路のよう。似たような土産物を売る店がぎっしりと並んでいて、女性たちが椅子に腰かけてワラ細工を編んでいる。暗すぎて目が悪くならないかしらと心配になった。
 ビーチの名はジャンカヌーという。ここまで来ると、クルーズ客や外国人は少なくなる。
 生のコンク貝は、メニューでは「コンク・サラダ」。コリコリした貝を小さく刻んで、トマトやキュウリ、チリなどとあえて、ピリ辛サルサ風にして食べる。揚げたコンク・フリッターも注文。こちらも少し辛い。観光客定番のカクテル「バハマ・ママ」で流し込んだ。
 港の広場では、おじさんバンドがライブをしていたり、おばさんたちが子供の髪の毛を編んであげたりしている。のんびりペースに巻き込まれて、気づいたらもう5時。急いで船に戻った。
 明日は、バハマ洋上に浮かぶ、ディズニー所有の島「キャスタウェイ・ケイ」に上陸して遊ぶ。


ミッキーネットで申し込む
ディズニー・クルーズライン

logo 1
David Roark, Disney Cruise Line

David Roark, Disney Cruise Line

今回の取材を設定してくれたミッキーネットは、フロリダ州オーランドに本社を持つ旅行社だ。
アメリカのディズニー関連の旅行商品に特化し、日本語で個人旅行を手配する。
ディズニー・クルーズラインは、バハマだけで数種類(3〜5泊)ある。ほかに、西カリブ、東カリブ、アラスカの航路も人気がある。ミッキーネットでは、これらのクルーズをすべて日本語で手配してくれる。オプショナル・ツアーの代理予約もしてくれる。
また、フロリダ・オーランドのウォルト・ディズニー・ワールド、カリフォルニア・アナハイムのディズニーランドなども手配が可能。ディズニー好きの人は、クルーズの前後にテーマパークを組み合わせ、ディズニーのホテルに宿泊することも多いという。

ミッキーネット株式会社
■ 本社(オーランド):
13574 Village Park Drive, Suite 260, Orlando, FL 32837
■ 営業所(カリフォルニア・ディズニーランド・ホテル内):
Disneyland Hotel, 1150 West Magic Way, Anaheim, CA 92802
■ 電話:407-854-4290 / 888-448-7727(フリーダイヤル)/
03-4520-9446(日本・東京)
■ ウェブサイト:jp.mickeynet.com

1 2

3

4 5

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

関連記事

注目の記事

  1. 翻訳に携わる 履修科目: 翻訳(大学院プログラム、科目単位履修) スクール:Babe...
  2. 2017年3月3日

    第54回 多人種社会
     2017年1月、トランプ氏がアメリカ合衆国の大統領に就任した。彼は難民や移民の受け入れ審査を強化し...
  3.  8月22日、ニナが秋から通うハイスクールのレジストレーションが終了した。レジストレーション...
  4.  成田で観光といえば、なんといっても「成田山新勝寺」だ。地元の人が「お不動さま」...
  5. 1977年にディズニーが製作した実写とアニメの同名合成映画のリメイクとなる本作は、ドラゴンと...

デジタル版を読む

フロントライン最新号
ページ上部へ戻る