シリーズアメリカ再発見㉞
カメラで歩く絶景のシカゴ

文&写真/佐藤美玲(Text and photos by Mirei Sato)

 

デイリー・プラザでカルダーの彫刻「フラミンゴ」を見上げる Photo © Mirei Sato

デイリー・プラザでカルダーの彫刻「フラミンゴ」を見上げる
Photo © Mirei Sato

 ダウンタウンのループ地区へ移動する。
 今でこそミレニアム・パークの影でかすんでいるが、ひと昔前は、シカゴのパブリック・アートといえばここだった。元市長の名がついた広場デイリー・プラザにある、パブロ・ピカソの彫刻(無題)と、アレクサンダー・カルダーの「フラミンゴ」。

 写真を撮っていると、やたらにハトが飛んでくるのに気づいた。広場の一角に舞い降りているので近寄ってみると……。なんと火が燃えている。
 「永遠の炎」(Eternal Flame)というモニュメントで、「亡き軍人たちに捧ぐ」と書いたプレートもはめ込まれているのだが、碑文の上もおかまい無しのハトだらけ。「暖炉」状態だ。首のまわりを毛羽立たせてマフラーのようにして、首をすぼめるハトたち。カメラを向けても動じない。ピカソも顔負け、なかなか愉快な被写体になってくれた。

 ループ地区の金融街で、テレサさんが突然、歩を早めた。待ちきれない、といった感じで、ある地点に立ち止まり、レンズを空に向けた。現れたのは、鳥だ、飛行機だ、いやバットマンだ!

 ビルとビルのすき間がつくり出す空間が、マントを広げたバットマンの姿にそっくり。いったい誰が最初に見つけたのか?
 正確なロケーションは、「企業秘密」(テレサさん)ということで、記事には書けないのだけれど、この日一番の大発見だった。

 シカゴは、アメリカの母なる道「ルート66」の発着点でもある。ループ地区から遠くないどこかに、「ここから始まる」という標識があると聞いていた。せっかくなら写真を撮りたい。といっても正確な場所は調べてこなかったので、ここかしらと適当なあたりをつけて歩いてみたが、見つからない。ぐるぐる回っていたらホームレスのおじさんが寄ってきて、「ルート66? それならこっちだよ」と連れて行ってくれた。

 シカゴ美術館からも文化センターからも遠くない場所だった。世界中から来た人が貼ったステッカーだらけ。なんということはない標識だが、見つけた、という達成感は味わえた。

 おじさんは、しばらく前からホームレスになってしまったそうで、このコーナーを根城に「毎日歩き回っているから、詳しくなっちゃったよ」と言っていた。無料のツアーガイドにお世話になりっぱなしの1日だ。
 


 

1 2 3

4

5 6

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

関連記事

注目の記事

  1. 自分で決めたい  アメリカ移住の理由は人それぞれで、準備にはそれなりの時間が必要だ。し...
  2. 「アメリカの学校は2カ月半も夏休みがあって、しかも宿題がないんでしょ?」と日本から来たばかり...
  3. 六代目 大分県九重町の蔵元、八鹿酒造の六代目です。高校時代は剣道に明け暮れ、先...
  4.  東日本大震災で犠牲になったアメリカ人、テイラーさん(当時24歳)の生涯を、家族や恋人、友人...
  5. カリフォルニア州ガーデングローブにオフィスを構えるGK Design International...

デジタル版を読む

フロントライン最新号
ページ上部へ戻る