第46回 現地校での伝える力の指導

文/松本輝彦(Text by Teruhiko Matsumoto)

 「伝える」力は、アメリカでは「民主主義を守る」「アカデミック力を伸ばす」ために大切なものです。現地校では、子どもの発達段階に応じて、このスキルのトレーニングが繰り返されます。

ショー&テル

 幼稚園(キンダー)の「ショー&テル」で「人前で話す」と「人の話を聞く」というトレーニングを始めます。初めての「ショー&テル」は5歳で経験し、友だちの前で、自分の宝物を見せて紹介します。
 「人前で話す」トレーニングの最初は、プレッシャーに打ち勝っての宝物の説明です。友だちにとっては、「人の話を静かに聞く」トレーニングです。説明がひと通り終わると、先生が「質問はありませんか」と子どもたちに声をかけます。「質疑応答」トレーニングの第一歩です。
 子どもたちは、キンダーから2年生までの3年間に、少なくとも20回は発表したと言います。1クラス20名なら4百回近く聞くことになります。
 「ショー&テル」で始められた「発表する」「発表を聞く」トレーニングは、小学校に入っても教科学習の中で日常的に続けられます。

プレゼンテーション

 小学校4年生くらいになると、「調べて、発表する」という活動が始まります。各教科の学習内容に関係した事物を、様々な方法で調べて、レポートにまとめ、それをプレゼンテーションとして発表するものです。パネルやポスターを作って、授業や学校の行事で、他の子どもや先生を相手に発表し、質問に答えるのです。
 このようなプレゼンテーションは、中学校で本格化し高校まで、日常的に各教科の授業の中で続けられ、「自分の意見を、人に説得力を持って伝える」というスキルが必要です。

ディベート

 高校になると、ディベートの形式での授業が展開されます。日本人高校生の体験でよく語られる例では、アメリカ史で第二次世界大戦について学んだあと、「原子爆弾を日本に投下したのは、歴史的に見て正しかったか」というテーマで、クラスの右半分は「正しかった」、左半分は「間違いだった」と主張する意見を決めてのディスカッションがあります。
 まず、授業で学んだ歴史上の事実や背景の知識を整理します。そして、それらの知識をもとに、自分の側の意見を主張する論点を決め、それを発表します。その発表を聞いた反対側の意見の生徒は、自分の論点に反論をしてきます。その反論に対して再反論、と続きます。
 ディベート授業では、学習事項のより深い理解と、上に示したスキルを繰り返しトレーニングすること、を直接の目的としています。より広い意味では、民主主義で必要な「合意形成」やアカデミックな「問題解決」の一方法のトレーニングにもなります。

ディスカッション

 生徒に意見を発表させ、お互いに議論をさせる「ディスカッション」形式の授業は、アメリカの中学校以降の教科学習で頻繁に行われています。「意見を述べる」「意見を聞く」だけではなく、「お互いの意見を戦わせて、いろいろと検討を加えていくことにより、最終的に何らかの結論・合意を目指す」練習です。
 ディスカッションは、これらのスキルに加えて、学習事項のより深い理解、「自分とは異なった意見やものの見方を知り、検討する」という能力を伸ばす目的もあります。
 
 ここで紹介した「伝える力」のトレーニングが、アメリカの小学校から大学までの教育の中で、「民主主義を守る」「アカデミック力を伸ばす」ために、いかに大きな力を持っているか、いかに重要なものかがお分かり頂けたと思います。

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

松本輝彦 (Teruhiko Matsumoto)

松本輝彦 (Teruhiko Matsumoto)

ライタープロフィール

海外・帰国子女教育カウンセラー。北米の日本人の子どもの教育サポートに30年以上携わる。最近は、北米の保護者向けの教育講演会・情報誌・インターネットを通じての教育情報の発信や教育相談を中心に活動。また、北米の子どもたちが現地校で身につけている「宝(アカデミックスキル)」の教育を日本の学校で広げるために、日本の中学・高校・大学の授業や講演会も活発に行っている。

この著者への感想・コメントはこちらから

Name / お名前*

Email*

Comment / 本文

この著者の最新の記事

関連記事

注目の記事

  1. balloon launch 3

    2016-9-1

    シリーズアメリカ再発見㊺ 秋は砂漠で遊べ! フェニックス

     アリゾナの州都フェニックスは、国立公園グランドキャニオンや、人気の観光地セドナへ行く「玄関...
  2. 樋口ちづ子「花だから咲く」(幻冬舎)の表紙

    2016-5-29

    [お知らせ]「極苦楽ライフ」が本になりました! 樋口ちづ子「花だから咲く」幻冬舎刊

     フロントライン誌で「極苦楽ライフ」を好評連載中の樋口ちづ子さんが、本を出版しました! タイ...
  3. cover1

    2016-12-1

    知っておきたい基本情報 アメリカの保険

    万が一に備え十分な補償額を 自動車保険  公共交通機関が整備されていない地域もあるア...
  4. トレーニングキャンプの練習の合間に取材に応じた庄島選手Photo by Misa Kanaoka Seely

    2016-9-15

    UCLAアメフトチームで 活躍する日本人庄島辰尭 (しょうじまたつあき) 選手

    開幕を3週間後に控えた8月中旬。トレーニングキャンプも2週目を迎え、ロサンゼルスからサンバー...
  5. Photo by Izumi Hasegawa / HollywoodNewsWire.co

    2016-10-5

    スコット・イーストウッド 親の七光りをしたたかに使って チャンスを掴む

     スコット・イーストウッドの存在を初めて知ったのは、2013年の映画「Texas Chain...

デジタル版を読む

610cover フロントライン最新号
ページ上部へ戻る