シリーズアメリカ再発見㊱
Old is New… フロリダ デイトナビーチ

文&写真/佐藤美玲 (Text and photos by Mirei Sato)

フロリダのオーランドから、北東へ約1時間半。モータースポーツの聖地として世界に名高い、デイトナビーチ。長く続く海岸線で、大西洋の海とかたい砂が織り成す、虹色のマジックに浸った。

美しい「ニュー・スマーナ・ビーチ」 Photo©Mirei Sato

美しい「ニュー・スマーナ・ビーチ」
Photo © Mirei Sato

Daytona International Speedway / デイトナ・インターナショナル・スピードウエー

 世界中のモータ―スポーツファンがあこがれる「デイトナ・インターナショナル・スピードウエー」。ここで毎年2月に行われるレース「デイトナ500」は、NASCAR(全米自動車競争協会)のシーズンオープナーとして、名声が高い。
 全米の全州から、20万人以上のファンが詰めかける。レースカーの爆音、観客が踏みならす足音と歓声。トラックに立って目をつぶると、それらが聞こえてきそうだ。
コースの特徴は、「バンキング」と呼ばれるコーナーの壁。最大で31度の傾斜、3階建てのビルの高さに相当する。これがレースを難しくし、幾つもの「デイトナ神話」を生んできた。
 そもそも、カーレースとそれを観戦する文化は、デイトナの海で生まれた。このあたりの海岸は、砂質がかたく、締まっている。快適な気候も手伝って、20世紀初頭から自然と浜辺にレーサーが集まるようになったという。
 ビーチ上のコースを砂煙をあげて走る車と、簡素な柵を隔てて見物する人たち。そんな光景が、モノクロ写真に残っている。
 1959年にオープンしたスピードウエーは、今、大規模改装工事の真っ最中だ。「Daytona Rising」という名称のプロジェクトで、来年1月にすべてが完成する。古い歴史を大切にしつつ、若いファンを引きつけるべく、快適でハイテクな施設に生まれ変わるという。
 モータ―スポーツは、ほかのメジャースポーツと違って、後ろの方、上の階へ行けば行くほど「よい席」になる。最前列ではコースの半分しか見えないが、最上階に行けば1周の走りすべてが見えるからだ。
 そんなわけで熱心なファンとVIPは最上階に陣取るが、今まではエレベーターもエスカレーターもほとんどなかった。NASCARのファンの平均年齢は、けっこう高い。ビールを買うたびに急傾斜の階段を上り下りするのは、ラクではなかっただろう。
 新しい施設には、エレベーターとエスカレーターはもちろん、Wi-Fi、アームホルダー付きシートも完備されるそうだ。


1

2 3 4 5 6

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

関連記事

注目の記事

  1. Photo © Yuki Saito
     今年も8月に開催された『 ジャパン・ワイン・チャレンジ(JWC)』に招待され、審査員を務め...
  2. 「テマキラ」のボリュームたっぷりの手巻きとアイスグリーンティー
Photo © Mirei Sato
    テマケリア。一度聞いたら忘れられない、コケティッシュなネーミング。ブラジル生まれの「手巻き寿司ファストフードの店」のことをさす。
  3. img_1163
    サッポロビール志望の動機と 入社当時の思い出 学生時代、セールスプロモーションやマーケティン...
  4. mr-takaoka-in-store-rear-y
    なぜ、ニューヨークに1号店?  日本は寝具に関しては布団とベッドと両方がありますが、...
  5. Photo © Naonori Kohira
     子どものころには、家の近所でもしばしばお遍路さんの姿を見かけた。いまでもおぼえているのは年...

デジタル版を読む

610cover フロントライン最新号
ページ上部へ戻る