シリーズアメリカ再発見㊲
ニューオーリンズ
水と食と生と死と 〜前編

文&写真/佐藤美玲(Text and photos by Mirei Sato)

ハリケーン・カトリーナから10年目の夏がめぐってきた。水と食と生と死の街、ニューオーリンズを歩いた。

ジャクソン・スクエアの、ストリート・パフォーマー Photo © Mirei Sato

ジャクソン・スクエアの、ストリート・パフォーマー
Photo © Mirei Sato

 

 私がジャズに目覚めたのは十代の半ばだった。といっても、プレーするわけではなく、聴く専門。自分の鼓動、ジャズこそオーガズムだ、と、そんなことまで言ってまわっていた気がする。
 ジャズが生まれた街ニューオーリンズは、だから私には特別な場所だった。この上なくアメリカの魂を体現している街に思えた。
 バックパッカーでアメリカへ来始めて、何度目かのとき。シカゴからニューオーリンズへ、ミシシッピ川に沿ってくだる旅をした。ジャズが北上した歴史を、逆行するような道のりだ。
 シカゴから乗り継いだグレイハウンド(長距離バス)が、レイク・ポンチャートレインにかかる長い橋を渡り始めたときは、興奮した。グレイハウンドの窓ガラスはきたない。汚れとくもりをこすりながら、車窓を見つめたことを覚えている。
 貧乏旅行だったがちょっと奮発して、フレンチ・クオーターの中にある宿に泊まった。一泊40〜50ドルはしたと思う。有名なコーンストーク模様のフェンスがあるホテルの並びで、ニューオーリンズらしい中庭がある宿だ。
 朝日がのぼり始めると同時に、ミシシッピ川へ向かって歩いた。そこはちょっとした土手になっていて、わびしい線路と踏切が見えた。線路を越した向こう側の土手の上で、男が一人、アルトサックスを吹いていた。
 川向こうから上がってくる黄金色の朝日が、彼の背中を照らし、サックスの金管がきらめいた。川と彼と私だけの世界。「This cannot be real…」。映画の一場面のように思えた。
 昼間であれば、小銭稼ぎのストリートミュージシャンはたくさんいる。けれど、まだ暗い早朝だ。人知れずソロの練習をしていたのか、それとも、彼もまたこの街に憧れる旅人ミュージシャンだったのか。
 今でも、あれは夢だったのかもしれないと思う。それぐらい、「できすぎ」ていた。男が私に気づいて手を振ったような気もするし、振らなかったような気もする。そのへんはもう、幻想になっている。
 夜はバーボン・ストリート周辺のジャズクラブをはしごした。古い「プリザベーション・ホール」へも行った。すでにCDの時代だったが、ここのバンドはカセットテープを売っていた。それを買ってサインをもらった。
 フレンチ・クオーターはどこのクラブもカバーチャージなどなしで、ドリンクも安い。ホット・バタード・ラム、ハリケーン、ミント・ジュレップ……。南部のカクテルの味を覚えた。
 店に入らなくても、道端に立っていれば、開けっ放した窓からバンドが見えて、演奏も聴けた。カウンター席で隣り合った人がサックス奏者で、「明日ナッチェズ(観光客向けの蒸気船)で演奏するからおいでよ」と言ってくれた。至福の時を過ごすのに、お金はほとんどかからなかった。

1

2 3 4

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

関連記事

注目の記事

  1. 診断と治療の問題点 認知症とは何か? 生後に正常に発達した諸々の精神機能が慢性的に減退すること...
  2.   Tortuguero トートゥゲロ  首都サンホセから北東へ、車で1時間半。小...
  3.  ホームオーナーズ保険に加入していれば個人所有物も保険にかかっていますが、項目によって上限が...
  4. 六代目 大分県九重町の蔵元、八鹿酒造の六代目です。高校時代は剣道に明け暮れ、先...
  5. この夏、全米のCostcoでも店頭に並び、アメリカ全土で親しまれている「 Hello...

デジタル版を読む

フロントライン最新号
ページ上部へ戻る