10月7日は!!
National Kale Day「全米ケールの日」

文/佐藤美玲(Text by Mirei Sato)

 スーパーフードとして、レストランのメニューにも家庭の食卓にもすっかり定着した野菜、「ケール」。ニューヨーク市では、学校給食でもおなじみの食材だ。

 10月7日は、なんと「全米ケールの日」(National Kale Day)だ。ケール好きのシェフやブロガーらが、草の根運動で3年前から始めた。ケールをPRしながら、栄養や健康についての知識と実践を広めようという日だ。

 これを記念して、「50 Shades of Kale」の著者で、シェフのジェニファー・アイセローさんが、ケールを使ったレシピを教えてくれた。

パスタソースに…

Toasted Walnuts

材料
ケール………………………………………2カップ
(茎をとって、葉だけになったパック)
バジルの葉…………………………………1カップ(新鮮なもの)
シーソルト…………………………………小さじ1
エクストラバージンオリーブオイル……1/4カップ
クルミ………………………………………1/4カップ(トーストしたもの)
ガーリック…………………………………4片(細かく刻む)
パルメザンチーズ…………………………1/2カップ(粉状のもの)

作り方
・フード・プロセッサーに、ケール、バジル、塩を入れて、10〜12回「pulse」を押して、細かく砕く。
・プロセッサーを回し続けたままの状態で、オイルを加える。
・プロセッサーの内壁にこびりついたものをそぎ落として、クルミとガーリックを加えてさらに砕く。
・チーズを加えて、混ざるまでプロセッサーを回す。
・好みのパスタに加えて、新鮮なうちに食べる。

おつまみに…

Chipotle Pineapple Shrimp
with Kale Chimichurri Sauce

Photo Courtesy of Chef Jennifer Iserloh – National Kale Day Co-Founder

Photo Courtesy of Chef Jennifer Iserloh – National Kale Day Co-Founder

材料(4人分)
シュリンプ…………………………………1パウンド
チポットレ・チリ…………………………大さじ2
(アドボソース入りの缶詰、細かく刻んだもの)
トマトペースト……………………………大さじ2(缶詰)
エクストラバージンオリーブオイル……大さじ1
パイナップル………………………………2カップ(角切り、最低16個)
串(4インチの長さ、太めのつまようじでもいい。30分冷水に浸しておく)

<以下、チミチュリソースの材料>
エクストラバージンオリーブオイル……1カップ
ケール………………………………………1カップ(葉だけのパック)
シラントロー………………………………1カップ(葉だけのパック)
ガーリック…………………………………1片
レッドペッパーフレーク…………………小さじ2
塩……………………………………………小さじ2

作り方
・大きめのボウルにシュリンプと、チリ、トマトペースと、オリーブオイルを入れてよく混ぜる。
・串にパイナップルを1個ずつさし、シュリンプをさす。
・高温に熱したグリルで、シュリンプを3〜4分焼く。
・中まで十分に火が通るように、何度もひっくり返す。皿に盛る。
・チミチュリソースの材料をミキサーにかけて、なめらかになるまで混ぜる。
・大さじ数杯をシュリンプにかける。
・ソースが残ったら、豆をあえたり、チキンをマリネしたりするのに使うといい。

サラダに…

Peanut Kale Zucchini Noodle Salad

Photo Courtesy of Chef Jennifer Iserloh – National Kale Day Co-Founder

Photo Courtesy of Chef Jennifer Iserloh – National Kale Day Co-Founder

材料(2人分)
ココナツミルク……………………………………………1/2カップ(缶詰)
ピーナッツバター…………………………………………大さじ3(クリーミーなもの)
ブラウンシュガーまたはハニー…………………………小さじ2
アップルサイダーまたはホワイトライスビネガー……大さじ1
カレーパウダー……………………………………………小さじ1
パプリカ……………………………………………………小さじ1/2
キュウリ……………………………………………………大1
ニンジン……………………………………………………4本(皮をむく)
ケール………………………………………………………6枚
(大きめの「Lacinato」を使う。薄く細切りに)
ピーナッツ…………………………………………………大さじ2
(塩味つき、細かく砕いたもの)
セサミシード………………………………………………小さじ2

作り方
・ココナツミルク、ピーナッツバター、ブラウンシュガー、ビネガー、カレーパウダー、パプリカを、ミキサーに入れてなめらかになるまで混ぜる。
・スライサーでキュウリとニンジンを、ヌードル状に細切りにする。
・きれいに盛りつけ、ドレッシングをかける。
・上にピーナッツ、セサミシードをふりかける。
・すぐ食べる。

スイーツに…

Caramelized Onions and Apples With Kale

Photo Courtesy of Chef Jennifer Iserloh – National Kale Day Co-Founder

Photo Courtesy of Chef Jennifer Iserloh – National Kale Day Co-Founder

材料(4人分)
オリーブオイル………………………………大さじ1
レッドオニオン………………………………1個(薄切り)
リンゴ…………………………………………1個(皮つき、芯を取り除いて角切りに)
ケール…………………………………………6カップ(薄切り、種類は問わない)
塩………………………………………………小さじ1/2
ハニー…………………………………………大さじ1

作り方
・大きめの鍋にオリーブオイルをひき、中火で熱する。
・オニオン、リンゴ、塩を入れて、かき混ぜながら1分ほど炒める。
・ハニーを加えて弱火にし、オニオンとリンゴが黄金色になるまで3〜4分かき混ぜる。
・ケールを加えてさらに弱火にし、ふたをして2分待つ。
・時々かきまぜて、ケールがやわらかくなるようにする。
・すぐ食べる。

ピザに…

White Pizza with Kale

Photo Courtesy of Chef Jennifer Iserloh – National Kale Day Co-Founder

Photo Courtesy of Chef Jennifer Iserloh – National Kale Day Co-Founder

材料(6人分)
ピザ生地………………………………………1パウンド(フレッシュなもの、室温で)

<以下、ホワイトソースの材料>
ホールミルク・リコッタ……………………1/2カップ
オリーブオイル………………………………大さじ1
ガーリック……………………………………1片(みじん切り)
レッドチリペッパー…………………………小さじ1/2
パルメザンチーズ……………………………1カップ(粉状のもの)

<以下、トッピングの材料>
オリーブオイル………………………………大さじ1
ケール…………………………………………1/2本(薄切り)
レッドオニオン………………………………1個(小玉、薄切り)
塩………………………………………………小さじ1/4
卵………………………………………………4個(「pastured raised」の新鮮なもの)

作り方
・オーブンを400度にあたためる。ピザ生地を広げて、直径10インチにする。
・油を塗っていないベーキングシートに乗せる。
・ホワイトソースを作る。
・材料すべて(パルメザンは1/4カップだけ使う)を、中サイズのボウルに入れて、よく混ぜる。
・ゴムべらで、ピザ生地の上に塗る。
・大きめの鍋を中〜強火にかけ、オリーブオイルとケール、オニオン、塩をいれて2〜3分、野菜がやわらかくなるまで炒める。
・ピザ生地の上に、ケールとオニオンを並べる。4カ所に「穴」をあけ、そこに卵を割り落とす。
・残りのパルメザンをふりかけて、15〜20分、ピザ生地がかたくなりチーズが黄金色になるまで焼く。

Photo Courtesy of Chef Jennifer Iserloh – National Kale Day Co-Founder

Photo Courtesy of Chef Jennifer Iserloh – National Kale Day Co-Founder

50 Shades of Kale
HarperCollins
by Drew Ramsey, M.D. and Jennifer Iserloh

「全米ケールの日」詳細
www.NationalKaleDay.org

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

佐藤美玲 (Mirei Sato)

佐藤美玲 (Mirei Sato)

ライタープロフィール

東京生まれ。子供の時に見たTVドラマ「Roots」に感化され、アメリカの黒人問題に対する興味を深める。日本女子大英文学科アメリカ研究卒業。朝日新聞記者を経て、1999年、大学院留学のため渡米。UCLAアメリカ黒人研究学部卒業・修士号。UMass-Amherst、UC-Berkeleyのアメリカ黒人研究学部・博士課程に在籍。黒人史と文化、メディアと人種の問題を研究。2007年からU.S. FrontLine誌編集記者。大統領選を含め、アメリカを深く広く取材する。

この著者への感想・コメントはこちらから

Name / お名前*

Email*

Comment / 本文

この著者の最新の記事

関連記事

注目の記事

  1. 前回、この12年間でアメリカのメディアで一番視聴されているFox Newsは、CNN とMS...
  2.   Tortuguero トートゥゲロ  首都サンホセから北東へ、車で1時間半。小...
  3. 旬の野菜、カブとミツバを使ったレシピです。カブは火の通りが速いので、すべての材料を入れ、ひき肉がほぐ...
  4. テマケリア。一度聞いたら忘れられない、コケティッシュなネーミング。ブラジル生まれの「手巻き寿司ファストフードの店」のことをさす。
  5. 中南米地域で注目すべき市場は?  最も注目されている市場はメキシコです。4年前の在メキシ...

デジタル版を読む

フロントライン最新号
ページ上部へ戻る