テニス好き必見?!「Break Point」

文/はせがわいずみ(Text by Izumi Hasegawa)

© Broad Green Pictures

© Broad Green Pictures

 プロ・テニス選手のジミーは、キレやすいだけでなく、ちゃらんぽらんな性格。ダブルスの相棒に愛想を尽かされた彼は、トーナメント出場のために疎遠になっていた弟ダレンに白羽の矢を立てる。嫌々ながらも組むことにしたダレンは、兄の性根をたたき直すかのような猛特訓を一緒に始めるが……。

 ジミー役のジェレミー・シストーが、相棒と趣味のテニスをしている際に本作のアイデアを思いついただけあり、プレイのシーンはなかなかのもの。しかし、ダレン役のデヴィッド・ウォルトンにはかなわなかったとインタビューで打ち明けていた。長身のウォルトンはバスケをやっていたかと思いきや、かなり熱心にテニスをやっていたようで、アマチュア大会でも上位にランクインするほどの腕前だという。試合のシーンがかなりリアルなのも納得だ。

 そこかしこで笑わせる本作で一番魅力を放っていたのは、子役のジョシュア・ラッシュ。臨時教師のダレンの生徒で11歳になるバリーに扮した彼は、天然ボケなのか承知でやっているのか分からない妙なツッコミを実にナチュラルにやってのけ場面をさらっていた。

Special thanks to Caitlin Klein & Allie Wilensky /ID-PR, Margaret Gordon / PMK•BNC, Katie Doyle / The Weinstein Company

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

はせがわいずみ (Izumi Hasegawa)

はせがわいずみ (Izumi Hasegawa)

ライタープロフィール

島根県松江市出身。映画ジャーナリスト・神主。NHKなどのアナウンサーを経て、映画・TV記者に。取材したセレブはのべ5000人以上。スターのインタビューや写真を全世界の媒体に配信する通信社Hollywood News Wire Inc. を経営 (一部をWhatsUpHollywood.comに掲載。動画インタビューはUTBでも放送中!!)。ハリウッドと日本の架け橋としてHollywood-PRを立ち上げ、PR・マーケティング、コンサルタントとしても活動中。
実家が神社(出世稲荷神社)なので神主の資格を持つ。島根県ふるさと親善大使「遣島使」。著書:TV『24』公式解説本『メイキング・オブ 24-TWENTY FOUR-』(竹書房)

この著者への感想・コメントはこちらから

Name / お名前*

Email*

Comment / 本文

この著者の最新の記事

関連記事

注目の記事

  1. 診断と治療の問題点 認知症とは何か? 生後に正常に発達した諸々の精神機能が慢性的に減退すること...
  2.  ニナが通う高校の講堂で、「STEMと大学進学」をテーマにした保護者向けの講演会が開催された。STE...
  3. カリフォルニア州アーバインにオフィスを構えるPHIARO, INC.プレジデントToshihi...
  4.  フロリダのユニバーサル・スタジオ、日本のユニバーサル・スタジオに遅れること2年、本家...
  5. 7月はミラノ郊外にある、『フランチャコールタ』という、大変ユニークなワイン地域を取材してきた...

デジタル版を読む

フロントライン最新号
ページ上部へ戻る