演出のお手本?!「No Escape」

文/はせがわいずみ(Text by Izumi Hasegawa)

 妻と幼い娘2人を連れて、東南アジアに赴任することになったジャック。しかし、到着早々、当地でクーデターが勃発し、外国人を処刑するのを目撃する。家族を守るため、必死に逃げ惑うジャックたちは……。

 監督・脚本のジョン・エリック・ドゥードルの数年前のタイ旅行の経験が元になっているという本作。彼の旅はまったく安全だったそうだが、「もしも……」と考えて作ったそうだ。

Photo by Roland Neveu  © 2015 The Weinstein Company

Photo by Roland Neveu © 2015 The Weinstein Company

 ホラー映画で手腕を発揮してきた彼だけに、命がけのドキドキの緊張どころとホッと安心する瞬間のバランスが実に見事。緊張の糸を終始張り続けていては、観客は飽きるし、次の恐怖がショッキングに感じなくなる。その点、本作は演出のお手本と言えるほど、絶妙なタイミングで緊張の糸を緩めては張り、緩めるという繰り返しを巧みにしてみせた。

 加えて、オーウェン・ウィルソンとレイク・ベルの起用も頭がいい。コメディーものでお馴染みな2人だけに、ショッキングな場面になればなるほど現実感が湧く。おまけにウィルソンのソフトな声としゃべり方が緊張をほぐす効果も生んでいる。

 ストーリーのネタ自体はぬるいが、演出の良さが光る作品だ。

Special thanks to Caitlin Klein & Allie Wilensky /ID-PR, Margaret Gordon / PMK•BNC, Katie Doyle / The Weinstein Company

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

はせがわいずみ (Izumi Hasegawa)

はせがわいずみ (Izumi Hasegawa)

ライタープロフィール

島根県松江市出身。映画ジャーナリスト・神主。NHKなどのアナウンサーを経て、映画・TV記者に。取材したセレブはのべ5000人以上。スターのインタビューや写真を全世界の媒体に配信する通信社Hollywood News Wire Inc. を経営 (一部をWhatsUpHollywood.comに掲載。動画インタビューはUTBでも放送中!!)。ハリウッドと日本の架け橋としてHollywood-PRを立ち上げ、PR・マーケティング、コンサルタントとしても活動中。
実家が神社(出世稲荷神社)なので神主の資格を持つ。島根県ふるさと親善大使「遣島使」。著書:TV『24』公式解説本『メイキング・オブ 24-TWENTY FOUR-』(竹書房)

この著者への感想・コメントはこちらから

Name / お名前*

Email*

Comment / 本文

この著者の最新の記事

関連記事

注目の記事

  1. 中南米地域で注目すべき市場は?  最も注目されている市場はメキシコです。4年前の在メキシ...
  2. あ、しまった! 飛行機を間違えて日本に帰ってきてしまった! どうしよう。私は一瞬、ギョッとし...
  3. 2018年4月4日

    第59回 表と裏
     フェイスブックが出始めの頃は、皆が競って自分のアカウントを作り、いろいろなイベントを投稿し...
  4. 自分で決めたい  アメリカ移住の理由は人それぞれで、準備にはそれなりの時間が必要だ。し...
  5. 湖畔に佇む 重厚な古城風ホテル Mohonk Mountain House New Pal...

デジタル版を読む

フロントライン最新号
ページ上部へ戻る