第129回 レンタカーを借りる際の保険

文/安岡忠展(Tadanobu Yasuoka)

 旅行や商用でレンタカーを借りる機会があると思いますが、保険はどうしていますか? 自分の自動車保険が自動的にカバーすると思い、レンタカー会社で保険を購入しない人も多いかもしれません。注意すべき点を紹介します。

●まず自分の自動車保険がレンタカーにも適用するかを確認してください。その場合、対人・対物だけなのか、それとも車輌保険を含むのかもしっかり確認。カバーする場合の条件があるかどうかも必ず聞いてください。カバーすると分かっても、まだ安心してはいけません。どのような場合にもカバーするわけではありません。

●レンタカーを運転する人が複数いる場合は注意してください。自分の自動車保険がレンタカーもカバーするとしても、他の運転者の保険が適用するかどうかも調べる必要があります。レンタカーの契約者に最終責任がくるので、他の運転者の保険が適用にならなかった場合に問題になる場合もあります。

●個人用自動保険は、自動車を「個人用」に使うための保険です。レンタカーを商用に使った場合には適用されないことがあります。商用に使う場合は、会社の自動車保険でレンタカーをカバーするか確かめてください。前記と同様にどのような内容でカバーするのかもしっかり確認すること。
 
●国外に出る場合に保険が適用するかも確認してください。カナダは大丈夫でもメキシコは対象外という場合が多いです。

●レンタカーで事故をした場合に、レンタカーの修理期間中はレンタカー会社はその車を使うことができません。レンタカー会社は修理期間中の損益分を請求してきます。その損益分までカバーできるかどうかも調べる必要があります。

自分の保険がレンタカーに適用するかどうか不安な場合は是非レンタカー会社で加入してください。トラブルを避けるためにもその方が安心です。レンタカー会社から保険を加入しない場合には、確実に自分(または会社)の保険でカバーすることを確認するようにしてください。

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

安岡忠展 (Tadanobu Yasuoka)

ライタープロフィール

全ての保険を取り扱う総合保険代理店「ダイワ保険代理店」代表。顧客の保険代理人として「お客様にとってベストなプラン」を提供する。目標は「全ての保険を取り扱うことでお客様のニーズを把握し、生涯のパートナーとしてお付き合いいただくこと」。

この著者の最新の記事

関連記事

注目の記事

  1. クロアチア共和国の首都、ザグレブの空港に降りたのは、もう夜遅い時間だった。大雨の中、3時間ドライブして、小さな村に着いた。クロアチア東部に広がるスラボニア地方、ポーツェガという村だ。道中は真っ暗闇だった。
  2. テマケリア。一度聞いたら忘れられない、コケティッシュなネーミング。ブラジル生まれの「手巻き寿司ファストフードの店」のことをさす。
  3. ミッドランドへ    旅の出発地、テキサス州ミッドランドへ向かう。アメリカでは19...
  4. 活火山がうごめき、黒い溶岩が大地を這う。ハワイ島(ビッグ・アイランド)は、生きている。ハワイを形成する6つの島の中で、一番年齢が「若い」。まだ、たったの70万歳。島には、命が、息吹が、みなぎっている。
  5. ホスピタリティ溢れる多人種社会 人口急増中でポテンシャルも高い 在ヒューストン日本国...

デジタル版を読む

フロントライン最新号
ページ上部へ戻る