美しい映像だけど… 「Before We Go」

文/はせがわいずみ(Text by Izumi Hasegawa)

 ニューヨークに来ていたトランペット奏者のニックは、終電に乗り遅れ、途方に暮れていた女性ブルックと知り合う。ワケあり同士の二人は、夜通し一緒に時間を過ごすうち、他人から友人へと親密さを増していく……。

 本作を観ている途中で思い出したのが、「Before Sunset」(1995年)。「偶然知り合った男女が、限られた時間を一緒に過ごし、他人から友人、そして、恋人への距離を縮めていく」というプロットがそっくりで、リメイクかと思ったほどだ。ニックとブルックのくっつきそうでくっつかないドキドキとトキメキをほどよい感覚でミックスし、観客を飽きさせない展開になっているものの、ちょっと物足りなさを感じた。ただ、冬のニューヨークの深夜を美しく切り取っていく映像は秀逸。ニック役のクリス・エヴァンス(「Captain America」のタイトルロールでお馴染み)の初監督作品だけに、トライアル感が強かった。

© RADiUS

© RADiUS



Special thanks to Megan Zehmer / 42 West, Gabriela Zapata / Sunshine Sachs, Margaret Gordon
 / PMK•BNC, Michele Robertson / Michele Robertson Company

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

はせがわいずみ (Izumi Hasegawa)

はせがわいずみ (Izumi Hasegawa)

ライタープロフィール

島根県松江市出身。映画ジャーナリスト・神主。NHKなどのアナウンサーを経て、映画・TV記者に。取材したセレブはのべ5000人以上。スターのインタビューや写真を全世界の媒体に配信する通信社Hollywood News Wire Inc. を経営 (一部をWhatsUpHollywood.comに掲載。動画インタビューはUTBでも放送中!!)。ハリウッドと日本の架け橋としてHollywood-PRを立ち上げ、PR・マーケティング、コンサルタントとしても活動中。
実家が神社(出世稲荷神社)なので神主の資格を持つ。島根県ふるさと親善大使「遣島使」。著書:TV『24』公式解説本『メイキング・オブ 24-TWENTY FOUR-』(竹書房)

この著者への感想・コメントはこちらから

Name / お名前*

Email*

Comment / 本文

この著者の最新の記事

関連記事

注目の記事

  1.  普段から首の痛みが酷い。毎日、パソコンに向かってタイプし続けているせいだと思うが、そのうち...
  2. 活火山がうごめき、黒い溶岩が大地を這う。ハワイ島(ビッグ・アイランド)は、生きている。ハワイを形成する6つの島の中で、一番年齢が「若い」。まだ、たったの70万歳。島には、命が、息吹が、みなぎっている。
  3. 20年後の自分に宛てた手紙  世界各地で「タイム・アフター・タイム・カプセル・アートプ...
  4. 金融から食の世界へ  西本Wismettacグループに参画し、今年で7年目となります。...
  5.  11月末、ハリウッド恒例のクリスマスパレードが行われた日、中心地にあるチャイニーズシアター...

デジタル版を読む

フロントライン最新号
ページ上部へ戻る