演技派の競演を堪能「99 Homes」

文/はせがわいずみ(Text by Izumi Hasegawa)

© Broad Green Pictures

© Broad Green Pictures

 「Revolutionary Road」(2008年)でアカデミー賞助演男優賞にノミネートされたマイケル・シャノンは、演技派として着々とキャリアを築いてきた俳優。一方、映画「The Amazing Spider-Man」のタイトルロールに抜擢されたアンドリュー・ガーフィールドは、イギリス育ちの若手で、実力派として英米両方の芸能界で注目を集めてきた。2人の圧倒的な演技対決が楽しめるのが本作だ。

 不動産業者のリック(シャノン)に、銀行の差し押さえとなった自宅から立ち退くよう言い渡されたデニス(ガーフィールド)。わずか2分だけ猶予を与えられ、取るものも取りあえず追い出された家の前で途方に暮れていると、家財道具を住居から出すリックの雇い人が盗みを働いているのをデニスは目にする。リックにクレームを言いに行った彼は、逆に雇われることに。やがて、リックの右腕として、差し押さえとなった物件から住人を追い出す仕事をするようになるデニス。悪魔に魂を売る生活を「家族のため」と自分に言い聞かせるのだが……。

 親の貧乏生活を見た反動で金の亡者となったリックの冷血さと、わずかに残る道徳心との葛藤を見事に演じきったシャノン。「家族のため」に道徳心をかなぐり捨てて、苦い思いを押し込めるデニスの複雑な心を繊細に体現したガーフィールド。2人の競演の見応えは、実際にあった出来事をベースに、立ち退きを経験した人々も出演して制作された本作にさらなる迫力を与えている。

Special thanks to Megan Zehmer / 42 West, Gabriela Zapata / Sunshine Sachs, Margaret Gordon
 / PMK•BNC, Michele Robertson / Michele Robertson Company

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

はせがわいずみ (Izumi Hasegawa)

はせがわいずみ (Izumi Hasegawa)

ライタープロフィール

島根県松江市出身。映画ジャーナリスト・神主。NHKなどのアナウンサーを経て、映画・TV記者に。取材したセレブはのべ5000人以上。スターのインタビューや写真を全世界の媒体に配信する通信社Hollywood News Wire Inc. を経営 (一部をWhatsUpHollywood.comに掲載。動画インタビューはUTBでも放送中!!)。ハリウッドと日本の架け橋としてHollywood-PRを立ち上げ、PR・マーケティング、コンサルタントとしても活動中。
実家が神社(出世稲荷神社)なので神主の資格を持つ。島根県ふるさと親善大使「遣島使」。著書:TV『24』公式解説本『メイキング・オブ 24-TWENTY FOUR-』(竹書房)

この著者への感想・コメントはこちらから

Name / お名前*

Email*

Comment / 本文

この著者の最新の記事

関連記事

注目の記事

  1. 2017年10月1日

    心の病 相談室
    Q.1 在米日本人が発症するうつ病は、どのような経緯で陥るケースが多いのでしょうか?A....
  2. 20年後の自分に宛てた手紙  世界各地で「タイム・アフター・タイム・カプセル・アートプ...
  3.  今年も8月に開催された『 ジャパン・ワイン・チャレンジ(JWC)』に招待され、審査員を務め...
  4.  8月22日、ニナが秋から通うハイスクールのレジストレーションが終了した。レジストレーション...
  5. ナチュラルにこだわる  私たちの仕事はアロマスペースデザインです。アロマで空間をデザイ...

デジタル版を読む

フロントライン最新号
ページ上部へ戻る