デ・ニーロが笑わせる「The Intern」

文/はせがわいずみ(Text by Izumi Hasegawa)

 老年となった強面重鎮俳優にロバート・デ・ニーロ、アル・パチーノ、ジャック・ニコルソンらがいるが、この中で筆者が常々、抜群のコメディー・センスの持ち主と思っていたのがデ・ニーロで、そんな読みが当たったのが本作だ。

 妻に先立たれ、一人暮らしのシニア、ベンは、毎日を充実させるべく、ネット通販会社にインターンとして入る。1年半で200人以上の従業員を抱える会社に成長させた若きオーナー社長ジュールス付きとなった彼は、人生経験の豊富さと昔気質な性格から、公私ともにジュールスの支えとなっていくのだった。

Photo by Francois Duhamel  © 2015 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC

Photo by Francois Duhamel
© 2015 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC

 ハイテクに何とか付いていこうとする様や会社の若手との交流などで笑いを生んでいくベン。劇中、ジュールス対策として瞬きの練習を鏡に向かってするシーンは、扮するデ・ニーロの代表作「Taxi Driver」の有名なシーンのセルフ・パロにも取れて二重に笑えるだけでなく、自虐ギャグを許してしまう懐の深さもうかがえる。気難しそうなイメージのある彼だが、インタビューで受ける印象は、どちらかというとベンに近い感じ。本作は、自身の掟を持っているものの、柔軟で気さくな人柄のデ・ニーロらしさが楽しめる貴重な1本だ。加えて、ジュールス役のアン・ハサウェイとの相性もバッチリなのも見どころ。笑ってほっこりしたい人にはピッタリの、娯楽映画の王道を行く作品。

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

はせがわいずみ (Izumi Hasegawa)

はせがわいずみ (Izumi Hasegawa)

ライタープロフィール

島根県松江市出身。映画ジャーナリスト・神主。NHKなどのアナウンサーを経て、映画・TV記者に。取材したセレブはのべ5000人以上。スターのインタビューや写真を全世界の媒体に配信する通信社Hollywood News Wire Inc. を経営 (一部をWhatsUpHollywood.comに掲載。動画インタビューはUTBでも放送中!!)。ハリウッドと日本の架け橋としてHollywood-PRを立ち上げ、PR・マーケティング、コンサルタントとしても活動中。
実家が神社(出世稲荷神社)なので神主の資格を持つ。島根県ふるさと親善大使「遣島使」。著書:TV『24』公式解説本『メイキング・オブ 24-TWENTY FOUR-』(竹書房)

この著者への感想・コメントはこちらから

Name / お名前*

Email*

Comment / 本文

この著者の最新の記事

関連記事

注目の記事

  1. 2017年8月2日

    勢い vs. 慎重さ
    Appleのマーケターとして知られるGuy Kawasakiさんのスピーチの中にこんなフレ...
  2.  フロリダのユニバーサル・スタジオ、日本のユニバーサル・スタジオに遅れること2年、本家...
  3. ワインを生業(なりわい)とする人にとって、この質問は根源的なものだろう。ブドウ栽培者やワイン...
  4. FL:今、日本でどんな活動を行っているのでしょう? 料理はそのうちどれくらいの割合ですか? ...
  5. 活火山がうごめき、黒い溶岩が大地を這う。ハワイ島(ビッグ・アイランド)は、生きている。ハワイを形成する6つの島の中で、一番年齢が「若い」。まだ、たったの70万歳。島には、命が、息吹が、みなぎっている。

デジタル版を読む

フロントライン最新号
ページ上部へ戻る