人間の強さを見せる「The Martian」

文/はせがわいずみ(Text by Izumi Hasegawa)

 「Everest」同様、極限状態に陥った人間が主人公だが、本作では人間の強さを、ユーモアを交えながら感動的に描く。

 火星探査から帰還する際の事故により死亡したと断定され、火星に置き去りにされたマーク。しかし、彼は九死に一生を得ていた。死んだものと思われている以上、自分から生存を伝えない限り救援はないと確信したマークは、長期間生きながらえる術と地球との交信を画策するのだった。

© 2015 Twentieth Century Fox Film Corporation.

© 2015 Twentieth Century Fox Film Corporation.

 外に出るには宇宙服を着用しなければならず、地表には植物はおろか飲料水もない環境で、助かる可能性が限りなく低いというプレッシャーと孤独に負けることなく、常に前向きでユーモアを忘れないマークの生き方に尊敬の念を抱かずにはいられない。そんなキャラを生き生きと魅力的に体現するのはマット・デイモン。昨年の映画「Interstellar」でも、惑星にただ一人残った宇宙飛行士に扮しており、ややダブってしまうところはあるものの、本作での演技はこれまでの彼のキャリアの中でも珠玉の出来と言えよう。巨匠リドリー・スコット監督の並外れた演出力を再確認した。

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

はせがわいずみ (Izumi Hasegawa)

はせがわいずみ (Izumi Hasegawa)

ライタープロフィール

島根県松江市出身。映画ジャーナリスト・神主。NHKなどのアナウンサーを経て、映画・TV記者に。取材したセレブはのべ5000人以上。スターのインタビューや写真を全世界の媒体に配信する通信社Hollywood News Wire Inc. を経営 (一部をWhatsUpHollywood.comに掲載。動画インタビューはUTBでも放送中!!)。ハリウッドと日本の架け橋としてHollywood-PRを立ち上げ、PR・マーケティング、コンサルタントとしても活動中。
実家が神社(出世稲荷神社)なので神主の資格を持つ。島根県ふるさと親善大使「遣島使」。著書:TV『24』公式解説本『メイキング・オブ 24-TWENTY FOUR-』(竹書房)

この著者への感想・コメントはこちらから

Name / お名前*

Email*

Comment / 本文

この著者の最新の記事

関連記事

注目の記事

  1. 前倒しで米国進出した経緯は? 日本にて一番のホテルチェーンに認識されるまでになったら、いずれ海...
  2. 6日目 サンタフェ島 ↓ サウスプラザ島  海の動物にも興奮させられる。...
  3.  ニナはほぼ毎日「今日はどんな1日だった?」と聞いてくる。私は仕事で大変だったことや、興味深い人物に...
  4. 2017年9月2日

    第52回 第九を歌う 
     昨晩、LAのダウンタウンにあるウォルト・ディズニー・コンサートホールでベートーベン...
  5. アメリカの世界遺産を紹介していく新連載の第1回は、2015年に認められた米国内で一番新しい登...

デジタル版を読む

フロントライン最新号
ページ上部へ戻る