シリーズアメリカ再発見㊵
ウィスコンシン
チェリー漬けの日々

文&写真/佐藤美玲(Text and photos by Mirei Sato)

東にレイク・ミシガン、西にグリーンベイ。湖と湾に囲まれた半島に、赤くて甘酸っぱいタルトチェリーが実をつける。名物料理「フィッシュ・ボイル」の、燃えさかる炎。夕暮れの湖面に向かって小石投げに興じる子供たち……。夏の終わりの、ドアー・カウンティー(ウィスコンシン州)を訪れた。

ウィスコンシン州ドアー・カウンティーの名産、タルトチェリー Photo © Mirei Sato

ウィスコンシン州ドアー・カウンティーの名産、タルトチェリー
Photo © Mirei Sato

これがホントのアメリカンチェリー
揺さぶって6~7秒、数千個を収穫

 ウィスコンシン州北東部、ドアー・カウンティー(Door County)。シークエスト果樹園(Seaquist Orchard)の朝は、早い。
 真っ赤なチェリーをいっぱいにつけた果樹園の木立の間を、トラクターが進んでくる。木に近づくと、トラクターの先端から厚手の布がバーッと開いて、木の幹を根元から取り囲んだ。逆さにして開いた傘のようなかっこうだ。
 運転手がスイッチを入れる。ザサザサザサザサッ。激しく木が揺れる。何千個というチェリーの実が布の中に落ち、そのままトラクターに吸い込まれていった。
 わずか6~7秒。1本終わると、次の木へ。収穫期だから、忙しい。広大な果樹園を、数台のトラクターがジグザグと進んでいく。
 ウィスコンシンは、全米有数のチェリーの生産地だ。生産量では、ミシガン、ニューヨーク、ユタに次いで、4番目に多い。
 そう聞いて、はじめは意外だった。え、ワシントン州じゃないの、と。でも、ここでいうチェリーは、日本人が知っている「アメリカンチェリー」とは種類が違うのだ。タルトチェリー(tart cherry)といって、じゃっかん小粒。
 日本では、サクランボもアメリカンチェリーも、そのまま果物として食べるのが常識だ。けれどアメリカでは、チェリーは、生で食べるよりも、ジャムやジュース、ドライフルーツ、パイのフィリングとして消費するほうが、圧倒的に多い。それに大活躍するのがタルトチェリーだ。
 ウィスコンシン産チェリーの9割が、ドアー・カウンティーで生産・収穫されている。総栽培面積が2500エーカー以上。年間800~1200万パウンドを生産する。
 シークエスト果樹園は、そのなかで、一番大きな果樹園だ。家族経営で、4世代続いている。
 現オーナーのデール・シークエストさんが、トラクターから摘みたてのチェリーを拾い上げて、どうぞ、と勧めてくれた。試食する。名前は「タルト」だけれど、十分に甘い。


1

2 3 4 5

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

関連記事

注目の記事

  1.  暑い日に食べたい冷やし中華。いつもの定番の冷やし中華を少しアレンジして、トマトと大葉の香りが食欲を...
  2. 集中するのが難しい? 眠れない? これらはストレスによって心身が侵されている前兆でもある。英...
  3. 2年前に起業を決意 まずはインスタグラム  2年前にポートンランドで起業して、今やオ...
  4. 日本は、フランス贔屓で有名な国だ。当然ワインといえば、フランスが唯一最高と信じる国粋主義者(...
  5. テマケリア。一度聞いたら忘れられない、コケティッシュなネーミング。ブラジル生まれの「手巻き寿司ファストフードの店」のことをさす。

デジタル版を読む

フロントライン最新号
ページ上部へ戻る