シリーズアメリカ再発見㊶
ハワイ島 マウナラニの息吹

文&写真/佐藤美玲(Text and photos by Mirei Sato)

王様が集う場所

古代ハワイの養魚池 Photo © Mirei Sato

古代ハワイの養魚池
Photo © Mirei Sato

 
 活火山がうごめき、黒い溶岩が大地を這う。ハワイ島(ビッグ・アイランド)は、生きている。ハワイを形成する6つの島の中で、一番年齢が「若い」。まだ、たったの70万歳。島には、命が、息吹が、みなぎっている。
 ハワイ島には、世界に存在する13種類の気候のうち11種類が存在する。海岸線に沿ってぐるっと車で走ると、ノンストップで6時間もあれば1周できる。
 多様な気候のせいで、海岸の砂浜の色も、砂の形状も、はえている植物も違う。赤土、黒岩、緑砂・・・。
 標高4205メートルのマウナケアは、ハワイで唯一、積雪がある場所。青い海と白い冠雪を抱いた山とが一望できるのは、ハワイ島ならではだ。
 抜けるような青空と緑の草原があれば、漆黒の溶岩大地もある。活火山が吐き出す吐息のせいで、空にはもやがかかりやすい。ハワイ州第2の都市であるヒロの街周辺は、雨も多い。
 常夏のハワイ、という単純なイメージで来ると、違和感をおぼえるだろう。
 そんな中で、ハワイ島の北西部、コハラ・コーストは、乾燥していて雨が少ない。どちらかといえば砂漠のような気候。天候が安定していて、穏やかだ。
 このあたりに先住民が定住し始めたのは、800年前頃だという。乾燥して、溶岩だらけ、なにかを栽培するには不適格な土地だったが、彼らを惹きつけるものがあった。
 海からすぐのところから湧き出る、水だ。これに海水が混じり合うと、栄養たっぷりの「海の畑」ができあがる。エビ、カニ、ボラ・・・。多様な魚が集まってくる。
 古代ハワイの人たちは、波打ち際に木の柵を立てて、天然の「養魚池」をつくった。波が押し寄せるたび、柵の隙間をぬって、小さな魚が海からはいってくる。それを池の中で育てる。成長して大きくなった魚は、柵からは抜けられない。「食べごろ」になるまで待って、それを捕えて、王様に献上したのである。
 穏やかな気候と、豊富な海の恵み。加えて、コハラ・コーストは、ハワイ島を代表する5つの山の「おへそ」に位置する。「気」がいい場所として、ハワイの王族が保養に訪れるようになった。
 1810年にハワイを統一したカメハメハ1世は、好んで、ここに滞在した。養魚池を守るのは、島民の大切な仕事。池から魚を釣り上げて、いち早く、生きたまま新鮮なうちに王様に献上するために、足の速さを競うレースまであったそうだ。
 


 

1

2 3 4 5

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

関連記事

注目の記事

  1. 7月はミラノ郊外にある、『フランチャコールタ』という、大変ユニークなワイン地域を取材してきた...
  2. 翻訳に携わる 履修科目: 翻訳(大学院プログラム、科目単位履修) スクール:Babe...
  3.  ホテルから迎えのバンに乗り込んだのは、午前1時半過ぎ。暗闇の中、バンは出発した。向かう先は...
  4. ハロウィンにかわいらしいカボチャの茶巾はいかが? 甘いカボチャに、ショウガの効いた豚そぼろ餡が絶妙な...
  5. 頂上から滝壺まで歩いていける オレゴン一の高さマルトノマ滝  サスティナブルで、グリ...

デジタル版を読む

フロントライン最新号
ページ上部へ戻る