クラフトビール、ブームは続く
ロサンゼルス経済に与える影響大

beer-926616_1280

 ロサンゼルス・タイムズの9月18日付の記事(“Craft brewing could be the next boom industry in Los Angeles County”)によると、今年、ロサンゼルス郡にすでに6軒の新たなクラフトビール醸造所が誕生した。
 ロサンゼルスのクラフトビール業界の成長速度はあまりに早く、正確な規模が把握できないほどだが、今後もオープンが続く見込み。
 サンディエゴのナショナル・ユニバーシティー・システム・インスティチュート・フォー・ポリシー・リサーチが調査した。ロサンゼルス郡のクラフトビール醸造所、醸造所直営のパブ、下請醸造業者などを対象に調べた結果、2015年に地元経済に与える影響は6600万ドルと推定される。業界の売り上げは9000万ドル以上、消費税による収益は1000万ドル以上となる見通しだ。
 ロサンゼルス郡における醸造免許の約半数は、過去2年間に発行されたものだった。
 世界的に有名なサンディエゴのクラフトビール業界に比べれば、ロサンゼルスにはまだ成長の余地がある、というのが調査担当者の認識だ。
 サンディエゴ郡では、クラフトビール業界が2014年に地元経済に与えた影響は6億ドルだった。ロサンゼルス郡の人口は、サンディエゴ郡の倍以上だ。
 人口の多さと国際的な港の存在が、ロサンゼルス郡を醸造地として魅力的な場所にしている。

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

この著者の最新の記事

関連記事

注目の記事

  1. Photo © Haruka Nanami
    FL:今、日本でどんな活動を行っているのでしょう? 料理はそのうちどれくらいの割合ですか? ...
  2. 入り口に並ぶのは全員オトナ!Photo © Michiko Ono Amsden
    昼は子供中心の場所で 夜はオトナが科学する  OMSI(オレゴン科学産業館)には、科学を...
  3. ガラジスタとシャトーが共存するボルドーPhoto © Yuki Saito
     ハイテクの現代。オフィスを持たず自由な時間に好きな喫茶店にブラッと入り、コンピューターとス...
  4. 息子達が高校生の頃、1日の食事は6回、1回にご飯1升を炊いていた秩寿子さんは「給食を作っているようだった」と振り返る(左よりミック、ケビン、ジェイ)=提供写真
    今夏開催されるリオデジャネイロ五輪に、日本人を母親に持つ3兄弟が出場できるかもしれない。水泳選手として五輪出場を狙っているのはジェイ、ケビン、ミックのリザランド兄弟。3人ともジョージア大学2年生の20歳。三つ子の選手だ。
  5. school-top
    翻訳に携わる 履修科目: 翻訳(大学院プログラム、科目単位履修) スクール:Babe...

デジタル版を読む

610cover フロントライン最新号
ページ上部へ戻る