クラフトビール、ブームは続く
ロサンゼルス経済に与える影響大

beer-926616_1280

 ロサンゼルス・タイムズの9月18日付の記事(“Craft brewing could be the next boom industry in Los Angeles County”)によると、今年、ロサンゼルス郡にすでに6軒の新たなクラフトビール醸造所が誕生した。
 ロサンゼルスのクラフトビール業界の成長速度はあまりに早く、正確な規模が把握できないほどだが、今後もオープンが続く見込み。
 サンディエゴのナショナル・ユニバーシティー・システム・インスティチュート・フォー・ポリシー・リサーチが調査した。ロサンゼルス郡のクラフトビール醸造所、醸造所直営のパブ、下請醸造業者などを対象に調べた結果、2015年に地元経済に与える影響は6600万ドルと推定される。業界の売り上げは9000万ドル以上、消費税による収益は1000万ドル以上となる見通しだ。
 ロサンゼルス郡における醸造免許の約半数は、過去2年間に発行されたものだった。
 世界的に有名なサンディエゴのクラフトビール業界に比べれば、ロサンゼルスにはまだ成長の余地がある、というのが調査担当者の認識だ。
 サンディエゴ郡では、クラフトビール業界が2014年に地元経済に与えた影響は6億ドルだった。ロサンゼルス郡の人口は、サンディエゴ郡の倍以上だ。
 人口の多さと国際的な港の存在が、ロサンゼルス郡を醸造地として魅力的な場所にしている。

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

この著者の最新の記事

関連記事

注目の記事

  1.  ソノマといえば、ナパと並んで、北カリフォルニアのワインカントリーの雄。オークランドに5年住...
  2. 2017年1月6日

    第99回 愛情の定義
     「愛犬を愛していますか?」という問いかけに、NOという飼い主はいないと思います。きっと誰も...
  3. 前回に引き続き、今回もアメリカでの不道徳行為、悪質な重犯罪やその他の犯罪による国外退去命令に...
  4.  アリゾナの州都フェニックスは、国立公園グランドキャニオンや、人気の観光地セドナへ行く「玄関...
  5.  前回のコラムで、アメリカ国外に再入国許可なしで1年以上滞在し、グリーンカードが放棄されたと...

デジタル版を読む

フロントライン最新号
ページ上部へ戻る