仕事してても、ホームレス・・・
シリコンバレー、家賃払えない

IT企業が集中するシリコンバレー周辺は、家賃も高騰

IT企業が集中するシリコンバレー周辺は、家賃も高騰

 カリフォルニアのシリコンバレーでは、フルタイムで働いているにもかかわらず、家賃が払えずにホームレスになる人が増えている。その中には、ハイテク企業に勤める高給取りの社員を、サンフランシスコからシリコンバレーへ送迎する通勤バスの運転手たちもいる。
 9月21日付サンフランシスコ・クロニクルの記事(“Tech bus drivers forced to live in cars to make ends meet”)が伝えた。
 スコット・ピーブルスさんは、アップルの従業員向け通勤バスの運転手だ。この2カ月ほど、ダッジ・キャラバンの後部座席を平らにして、エアマットレスを敷いてそこで寝泊まりしている。毎朝、クリーニングに出したユニフォームを着て、公衆トイレで身支度をし、フリーモントからサニーベールのオフィスまで運転するという日々を送る。
 シリコンバレーでは、この10年ほどでIT系の職が急増したが、同時に家賃も高騰した。ワンベッドルームのアパートの平均的な月額家賃は、サンノゼで2186ドル、オークランドで2469ドル、サンフランシスコでは3361ドルにもなる。
 これに対して、IT企業の通勤バスの運転手の給与は、月2900ドルからだ。これでは、職場の近くでアパートを借りるのは不可能だ。
 ピーブルスさんは母親の世話などで出費がかさみ、現在2万ドルのクレジットカードの負債がある。誰かとアパートの部屋を共有しても構わないと思っているが、年齢的な理由もあって、なかなかルームメートが見つからないという。
 2015年の調査によれば、アップル、グーグル、ヤフーなどが社屋を構えるサンタクララ郡には、推定で6500人のホームレスがいる。そのうち23%が、車で寝泊まりしている。2013年には、車中で生活するホームレスの比率は16%だった。また、2015年の調査では、調査対象となったホームレス900人のうち約8%の人は、月収1500ドル以上を稼いでいた。
 彼らは、スターバックスでスマートフォンを充電してコーヒーを飲み、スポーツジムでシャワーを浴び、コインランドリーで洗濯をする。夜になると目立たないように駐車場に車を停め、睡眠をとる。
 今年初め、アップルは、朝と夕方の両シフトで働くピーブルスさんのような運転手たちの基本給を引き上げ、ボーナスの支給も始めた。しかし、時給が30ドルになっても、ピーブルスさんは、職場の近くに住まいを見つけることはできていない。

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

この著者の最新の記事

関連記事

注目の記事

  1.  アメリカのトップ1%(実質的には0.1%)による富の支配が騒がれるようになってから、随分経...
  2.  普段から首の痛みが酷い。毎日、パソコンに向かってタイプし続けているせいだと思うが、そのうち...
  3. 2016年9月2日

    第165回 ポケモンGO
     今巷で大人気の、ポケモンGOというスマートフォン(以下スマホ)用ゲーム、私は正直それ程興味...
  4. 2017年1月6日

    第99回 愛情の定義
     「愛犬を愛していますか?」という問いかけに、NOという飼い主はいないと思います。きっと誰も...
  5. 2017年4月2日

    第102回 犬ビジネス
     昨秋、生まれて初めてひどい腰痛を患いました。大型犬の飼い主としては致命傷。完治するまでの間...

デジタル版を読む

フロントライン最新号
ページ上部へ戻る