ハリウッドの内幕を痛快に描く

文/はせがわいずみ(Text by Izumi Hasegawa)

Photo by Hilary Bronwyn Gail © Bleecker Street

Photo by Hilary Bronwyn Gail
© Bleecker Street

 共産党関係者を排斥する運動、赤狩りが活発化する中、1940年代後半、ハリウッドで活躍する監督や脚本家、俳優の中で共産党と関係があるとされる人物10人がリストアップされる。その中に売れっ子脚本家ダルトン・トランボの名前があった。投獄やハリウッドからの追放を経験しながらも偽名や友人名義を使って「Roman Holiday」などの名作を次々と執筆したトランボの半生を描いた「Trumbo」。家族や友人との関係、彼の信念や業界の内幕を、ユーモアを交えながら丁寧に語る本作は久々に観た痛快な力作だった。トランボをはじめ、カーク・ダグラスやジョン・ウェインら、実在のオスカー受賞者らがキャラとして登場するが、彼ら同様、本作の出演者や制作陣もオスカーを手にする可能性大と筆者は予想する。実際に起きたことではあるけれど、クライマックスとなるダグラスの「Spartacus」の脚本のくだりにはうなってしまった。

 トランボに扮するのは、コメディーとドラマの両方のジャンルでエミー賞を賑わしてきたブライアン・クランストン。本作でアカデミー賞も賑わしそうだ。トランボ夫人役のダイアン・レイン、長女役のエル・ファニングの熱演も見逃せない。

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

はせがわいずみ (Izumi Hasegawa)

はせがわいずみ (Izumi Hasegawa)

ライタープロフィール

島根県松江市出身。映画ジャーナリスト・神主。NHKなどのアナウンサーを経て、映画・TV記者に。取材したセレブはのべ5000人以上。スターのインタビューや写真を全世界の媒体に配信する通信社Hollywood News Wire Inc. を経営 (一部をWhatsUpHollywood.comに掲載。動画インタビューはUTBでも放送中!!)。ハリウッドと日本の架け橋としてHollywood-PRを立ち上げ、PR・マーケティング、コンサルタントとしても活動中。
実家が神社(出世稲荷神社)なので神主の資格を持つ。島根県ふるさと親善大使「遣島使」。著書:TV『24』公式解説本『メイキング・オブ 24-TWENTY FOUR-』(竹書房)

この著者への感想・コメントはこちらから

Name / お名前*

Email*

Comment / 本文

この著者の最新の記事

関連記事

注目の記事

  1.  ソノマといえば、ナパと並んで、北カリフォルニアのワインカントリーの雄。オークランドに5年住...
  2.  2月の2週間、日本に一時帰国した。目的は長男ノアが日本で通う学校の保護者向け就職説明会に参...
  3. 早いものでもう今年も最後の月に入りました! 毎回悩んでしまう、クリスマスメニューですが、簡単に、しか...
  4. 前回に引き続き、今回もアメリカでの不道徳行為、悪質な重犯罪やその他の犯罪による国外退去命令に...
  5. 前倒しで米国進出した経緯は? 日本にて一番のホテルチェーンに認識されるまでになったら、いずれ海...

デジタル版を読む

フロントライン最新号
ページ上部へ戻る