ハリウッドの内幕を痛快に描く

文/はせがわいずみ(Text by Izumi Hasegawa)

Photo by Hilary Bronwyn Gail © Bleecker Street

Photo by Hilary Bronwyn Gail
© Bleecker Street

 共産党関係者を排斥する運動、赤狩りが活発化する中、1940年代後半、ハリウッドで活躍する監督や脚本家、俳優の中で共産党と関係があるとされる人物10人がリストアップされる。その中に売れっ子脚本家ダルトン・トランボの名前があった。投獄やハリウッドからの追放を経験しながらも偽名や友人名義を使って「Roman Holiday」などの名作を次々と執筆したトランボの半生を描いた「Trumbo」。家族や友人との関係、彼の信念や業界の内幕を、ユーモアを交えながら丁寧に語る本作は久々に観た痛快な力作だった。トランボをはじめ、カーク・ダグラスやジョン・ウェインら、実在のオスカー受賞者らがキャラとして登場するが、彼ら同様、本作の出演者や制作陣もオスカーを手にする可能性大と筆者は予想する。実際に起きたことではあるけれど、クライマックスとなるダグラスの「Spartacus」の脚本のくだりにはうなってしまった。

 トランボに扮するのは、コメディーとドラマの両方のジャンルでエミー賞を賑わしてきたブライアン・クランストン。本作でアカデミー賞も賑わしそうだ。トランボ夫人役のダイアン・レイン、長女役のエル・ファニングの熱演も見逃せない。

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

はせがわいずみ (Izumi Hasegawa)

はせがわいずみ (Izumi Hasegawa)

ライタープロフィール

島根県松江市出身。映画ジャーナリスト・神主。NHKなどのアナウンサーを経て、映画・TV記者に。取材したセレブはのべ5000人以上。スターのインタビューや写真を全世界の媒体に配信する通信社Hollywood News Wire Inc. を経営 (一部をWhatsUpHollywood.comに掲載。動画インタビューはUTBでも放送中!!)。ハリウッドと日本の架け橋としてHollywood-PRを立ち上げ、PR・マーケティング、コンサルタントとしても活動中。
実家が神社(出世稲荷神社)なので神主の資格を持つ。島根県ふるさと親善大使「遣島使」。著書:TV『24』公式解説本『メイキング・オブ 24-TWENTY FOUR-』(竹書房)

この著者への感想・コメントはこちらから

Name / お名前*

Email*

Comment / 本文

この著者の最新の記事

関連記事

注目の記事

  1. 中南米地域で注目すべき市場は?  最も注目されている市場はメキシコです。4年前の在メキシ...
  2.  愛犬ジュリエットが13歳を超えた頃から、「おかしな行動」を見せるようになりました。部屋の隅...
  3. テマケリア。一度聞いたら忘れられない、コケティッシュなネーミング。ブラジル生まれの「手巻き寿司ファストフードの店」のことをさす。
  4. 2017年3月2日

    第101回 エネルギー
     犬の飼い主さんから相談を受ける際、「飼い主のエネルギーを意識して愛犬と接しています...
  5.  東日本大震災で犠牲になったアメリカ人、テイラーさん(当時24歳)の生涯を、家族や恋人、友人...

デジタル版を読む

フロントライン最新号
ページ上部へ戻る