ジュリア・ロバーツの挑戦

文/はせがわいずみ(Text by Izumi Hasegawa)

Photo by Karen Ballard   © 2015 STX Productions, LLC.

Photo by Karen Ballard © 2015 STX Productions, LLC.

 先号で「Our Brand is Crisis」は、男性の役をサンドラ・ブロックが女性役に書き換えさせて演じたとお伝えしたが、そうしたキャラの“性転換”はハリウッドの流行りのようだ。「Ghost Busters」や「Oceans 11」の女性版もしかりだが、「Secret in Their Eyes」もジュリア・ロバーツが男性キャラを女性に書き換えさせて演じた。
 
 アルゼンチンのベストセラー小説の映画化として同国で大ヒットし、アカデミー賞外国語映画賞も受賞した作品のハリウッド版となる本作は、キャラの“性転換”以外にもアメリカナイズするために設定が変わっている。通常、リメイクはがっかりさせられることが多いが、本作は設定替えにより、リアリティーとドラマ性が高まったように思われる。オリジナル版は妻を殺害された夫の復讐だったが、本作では母娘2人暮らしのFBI捜査官(ロバーツ)の、娘を殺された恨みを描く。伏線があちこちに張られ、大団円に向かってパズルのピースがつなぎ合わされていく展開は見事としか言いようがない。
 
 同い年のライバル女優ニコール・キッドマンが美人の才女役で出演する中、本作でロバーツは、誰か分からないほどのダサいルックスで登場する。ノーメイク以上のメイク(?)とやつれた外見に仰天するが、娘の亡骸を抱いて号泣するシーンの演技に心を打たれる。実生活でも母親で、本作の撮影中に実母を亡くした彼女の人生経験が女優としての才能を開花させたようだ。映画賞シーズンの公開で勝負に出る。

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

はせがわいずみ (Izumi Hasegawa)

はせがわいずみ (Izumi Hasegawa)

ライタープロフィール

島根県松江市出身。映画ジャーナリスト・神主。NHKなどのアナウンサーを経て、映画・TV記者に。取材したセレブはのべ5000人以上。スターのインタビューや写真を全世界の媒体に配信する通信社Hollywood News Wire Inc. を経営 (一部をWhatsUpHollywood.comに掲載。動画インタビューはUTBでも放送中!!)。ハリウッドと日本の架け橋としてHollywood-PRを立ち上げ、PR・マーケティング、コンサルタントとしても活動中。
実家が神社(出世稲荷神社)なので神主の資格を持つ。島根県ふるさと親善大使「遣島使」。著書:TV『24』公式解説本『メイキング・オブ 24-TWENTY FOUR-』(竹書房)

この著者への感想・コメントはこちらから

Name / お名前*

Email*

Comment / 本文

この著者の最新の記事

関連記事

注目の記事

  1. E2ビザ(貿易駐在員、投資駐在員ビザ)はアメリカと通商条約を締結した国の国民に発行されるもの...
  2. 「婦人科系がん検診について」 産婦人科医 鈴木葉子  がん検診の...
  3. 2017年8月2日

    第51回 茶色の丘
     若さはいい。恐れを知らない。少々のことは乗り切れることを無意識の内に知っている。無意識の反...
  4. ワインを生業(なりわい)とする人にとって、この質問は根源的なものだろう。ブドウ栽培者やワイン...
  5.  プロレスラーから俳優に転身したデイヴ・バウティスタ。ザ・ロックことドウェイン・ジョ...

デジタル版を読む

フロントライン最新号
ページ上部へ戻る