「クラフトビール」とはもう言えない?
大手が地ビール醸造所を続々買収

Photo @ Daniel Lobo

Photo @ Daniel Lobo

 クラフトビールの人気の高まりに伴い、大手ビール会社による中小クラフトビール醸造所の買収が増えている。
 10月11日付ロサンゼルス・タイムズの記事(“Craft brews are in great demand, and so are the breweries”)によると、9月に複数の有名なカリフォルニアのクラフトビール醸造所が、大手ビール会社と業務提携を結んだり買収されたりした。
 なかでも、人気の「ラグニタス」の株式の50%をハイネケンが取得した、というニュースは大きかった。
 その数日後には、サンディエゴを拠点にする「セント・アーチャー」を、ミラー・クアーズが買収。ロサンゼルスで最も大きい「ゴールデン・ロード」も、アンハイザー・ブッシュに買収された。
 大手による買収や業務提携で、クラフトビール醸造所はこれまで大切にしてきた顧客から、「魂を売った」と非難される可能性がある。
 大手による買収ブームの背景には、クラフトビール市場の成長率が米ビール市場全体の成長率を上回り、製造量でも11%を占めるまでになっているという事実がある。カリフォルニアだけで600近くの醸造所があるうえ、全米のほぼすべての州にクラフトビール醸造所が存在するまでになった。
 特にロサンゼルス郡における成長は著しく、2010年には数カ所しかなかった醸造所が、現在では30以上まで増えた。
 消費者は、既存の大手のビールに背を向け、クラフトビールを好むようになってきた。そのせいで売り上げが減るのを防ぐために、大手はライバルを買収しようと躍起だ。
 アンハイザー・ブッシュはすでに、シカゴの「グース・アイランド」、ニューヨークの「ブルー・ポイント」、オレゴンの「テン・バレル」、ワシントンの「エリシアン」を傘下に収めた。

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

この著者の最新の記事

関連記事

注目の記事

  1. 皆既日食のベスト観測ポイント アメリカにいてお休みの旅先を検討するのに、なかな...
  2.  颯爽とかっこよくサーフボードに乗りサーフィンする犬。砂浜で仲間と楽しそうにたわむれ、水しぶきを浴び...
  3. 自分で決めたい  アメリカ移住の理由は人それぞれで、準備にはそれなりの時間が必要だ。し...
  4. 前を走っている車が跳ねた石が、車のフロントガラスに当たって傷がついた経験がある人も多いと思い...
  5.  8月22日、ニナが秋から通うハイスクールのレジストレーションが終了した。レジストレーション...

デジタル版を読む

フロントライン最新号
ページ上部へ戻る