「クラフトビール」とはもう言えない?
大手が地ビール醸造所を続々買収

Photo @ Daniel Lobo

Photo @ Daniel Lobo

 クラフトビールの人気の高まりに伴い、大手ビール会社による中小クラフトビール醸造所の買収が増えている。
 10月11日付ロサンゼルス・タイムズの記事(“Craft brews are in great demand, and so are the breweries”)によると、9月に複数の有名なカリフォルニアのクラフトビール醸造所が、大手ビール会社と業務提携を結んだり買収されたりした。
 なかでも、人気の「ラグニタス」の株式の50%をハイネケンが取得した、というニュースは大きかった。
 その数日後には、サンディエゴを拠点にする「セント・アーチャー」を、ミラー・クアーズが買収。ロサンゼルスで最も大きい「ゴールデン・ロード」も、アンハイザー・ブッシュに買収された。
 大手による買収や業務提携で、クラフトビール醸造所はこれまで大切にしてきた顧客から、「魂を売った」と非難される可能性がある。
 大手による買収ブームの背景には、クラフトビール市場の成長率が米ビール市場全体の成長率を上回り、製造量でも11%を占めるまでになっているという事実がある。カリフォルニアだけで600近くの醸造所があるうえ、全米のほぼすべての州にクラフトビール醸造所が存在するまでになった。
 特にロサンゼルス郡における成長は著しく、2010年には数カ所しかなかった醸造所が、現在では30以上まで増えた。
 消費者は、既存の大手のビールに背を向け、クラフトビールを好むようになってきた。そのせいで売り上げが減るのを防ぐために、大手はライバルを買収しようと躍起だ。
 アンハイザー・ブッシュはすでに、シカゴの「グース・アイランド」、ニューヨークの「ブルー・ポイント」、オレゴンの「テン・バレル」、ワシントンの「エリシアン」を傘下に収めた。

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

この著者の最新の記事

関連記事

注目の記事

  1.  成田で観光といえば、なんといっても「成田山新勝寺」だ。地元の人が「お不動さま」...
  2. 昨年「ワイン業界の、次のホームランは何か?」という題名で記事を書いたが、その時に人気のロゼワ...
  3. 活火山がうごめき、黒い溶岩が大地を這う。ハワイ島(ビッグ・アイランド)は、生きている。ハワイを形成する6つの島の中で、一番年齢が「若い」。まだ、たったの70万歳。島には、命が、息吹が、みなぎっている。
  4.  愛犬ジュリエットが13歳を超えた頃から、「おかしな行動」を見せるようになりました。部屋の隅...
  5.  11月末、ハリウッド恒例のクリスマスパレードが行われた日、中心地にあるチャイニーズシアター...

デジタル版を読む

フロントライン最新号
ページ上部へ戻る