第134回 医療保険 PPOネットワークの利用

文/安岡忠展(Tadanobu Yasuoka)

 医療保険でよくPPOと聞きますが、もう一度おさらいをしてみましょう。PPOとは、Preferred Provider Organizationの略です。PPOタイプの保険は、自分の主治医を決める必要がなく、好きな医者を選ぶことができます。PPOネットワークに加盟している医者、医療機関、病院を利用することによって割引料金が適用されます。医療機関はPPOネットワークに加入する際に割引料金で治療することに合意しています。

 PPOタイプの保険はネットワーク内とネットワーク外で保険の適用率が違います。例えば80/50と書かれている場合は、ネットワーク内の場合80%カバー、ネットワーク外の場合50%カバーという意味です。ここで気を付ける点があります。80/50の場合だとネットワーク外での治療は50%カバーされるはずですが、実際にはそうではありません。ネットワーク内と外での負担率を比較してみましょう。

80/50、Deductible(免責)は既に満たされているという仮定の場合

ネットワーク内 ネットワーク外
請求額 $3000 $3000
割引後の額 $2000
保険支払額 – $1600 ($2000 x 80%) – $1000 ($2000 x 50%)
自己負担額 – $400 – $2000

 ネットワーク内の場合、まず割引が適用されて請求が安くなっています。その割引料金に対して80%カバーされますので、上記の例の場合は3000ドルの請求に対して400ドルの支払いですみます。

 ネットワーク外の場合は50%カバーですが、請求額の3000ドルに対して50%という意味ではありません。ネットワークを利用した際の割引料金(または一般的な金額:Usual Customary & Reasonable)に対して保険が適用されます。上記の例の場合は2000ドルに対して50%がカバーされ、自己負担が2000ドルになってしまいます。ネットワーク外の場合、医療機関が一般よりも高い金額で請求した場合には、自己負担が大変高額になるおそれもあります。

 賢く保険を利用するには、できる限りPPOネットワーク内の医療機関を利用することをお勧めします。

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

安岡忠展 (Tadanobu Yasuoka)

ライタープロフィール

全ての保険を取り扱う総合保険代理店「ダイワ保険代理店」代表。顧客の保険代理人として「お客様にとってベストなプラン」を提供する。目標は「全ての保険を取り扱うことでお客様のニーズを把握し、生涯のパートナーとしてお付き合いいただくこと」。

この著者の最新の記事

関連記事

注目の記事

  1.  取り立てて大きな事件もなく普通の人々の生活を描く映画は退屈に感じてしまう筆者だが、本作は最...
  2.   Tortuguero トートゥゲロ  首都サンホセから北東へ、車で1時間半。小...
  3. 20年後の自分に宛てた手紙  世界各地で「タイム・アフター・タイム・カプセル・アートプ...
  4. 活火山がうごめき、黒い溶岩が大地を這う。ハワイ島(ビッグ・アイランド)は、生きている。ハワイを形成する6つの島の中で、一番年齢が「若い」。まだ、たったの70万歳。島には、命が、息吹が、みなぎっている。
  5.  「Detroit is coming back」。デトロイトは復活するよ。  ...

デジタル版を読む

フロントライン最新号
ページ上部へ戻る