忘・新年会は「スパークリング・ジェリー酒」で! トーランスの「いせしま」

文&写真/佐藤美玲(Text and photos by Mirei Sato)

 

刺身の盛り合わせ(中トロ、サーモン、ハマチ、シマアジ、タコ、ホタテ、エンガワ) Photo © Mirei Sato

刺身の盛り合わせ(中トロ、サーモン、ハマチ、シマアジ、タコ、ホタテ、エンガワ)
Photo © Mirei Sato

 アメリカの食好き・食通の間では、日本酒を飲むのは当たり前。ここ数年で、スパークリング酒も定着してきた。
 そんななか、注目なのが「スパークリング・ジェリー酒」だ。
 アメリカ特有の家庭のおやつ「ジェロー」のようにプルプルとした舌触りで、発泡のきいた日本酒をカクテルとして楽しめる。
 ロサンゼルス近郊トーランスの日本食レストラン「いせしま」(Ise-Shima)では、最近だし始めたジェリー酒のカクテルが好評だ。
 ピーチやアップル、ペアーが混ざった「Fuji Apple Fiz」や、ポメグラネト(ザクロ)をベースにした「Sunset」など。どれも、軽めでフルーティーな味。ドリンクに入ったつぶつぶのジェリーが、タピオカのような食感で楽しい。

ジェリー酒カクテル「Fuji Apple Fiz」。ペアー、アップル、オレンジ、ピーチ味のスパークリング・ジェリー酒、クラブソーダ Photo © Mirei Sato

ジェリー酒カクテル「Fuji Apple Fiz」。ペアー、アップル、オレンジ、ピーチ味のスパークリング・ジェリー酒、クラブソーダ
Photo © Mirei Sato


ジェリー酒カクテル「Ise Shima’s Sunset」。ポメグラネト、シャンペン、ブルーベリー、ピーチ味のスパークリング・ジェリー酒 Photo © Mirei Sato

ジェリー酒カクテル「Ise Shima’s Sunset」。ポメグラネト、シャンペン、ブルーベリー、ピーチ味のスパークリング・ジェリー酒
Photo © Mirei Sato

 「都ハイブリッドホテル」の1階にはいっている。このスペースでは、以前は長いこと「権八」が営業していた。権八の撤退後、もっと本格的かつ日本的な日本食をだす店を、というミッションを背負ってオープンしたのが、いせしまだ。2016年にサミットが行われる伊勢・志摩にもちなんで名づけた。
 寿司の板前、職人として20〜30年も修行と経験を積んだ人たちが、カウンターと調理場に立つ。
 一方、広い空間なのでティーパーティーもできるし、テレビがあるのでスポーツバーのようにも使える。
 トーランスという場所柄、ビジネス客が多いかと思いきや、女性や主婦層も増えているそうだ。「おいしいものをゆっくり食べたい、ゆっくり飲みたい」というニーズをくみとっている。

おまかせ握り。左から、イカ、中トロ、サバ、ヒラメ、アンキモ Photo © Mirei Sato

おまかせ握り。左から、イカ、中トロ、サバ、ヒラメ、アンキモ
Photo © Mirei Sato


和牛の陶板焼き Photo © Mirei Sato

和牛の陶板焼き
Photo © Mirei Sato

Ise-Shima At The Miyako

所在地:21381 S. Western Avenue, Torrance, CA(Miyako Hybrid Hotel)
営業時間:朝食6:30〜10am、ランチ11:30am〜2pm、カフェ2〜5pm、ディナー5〜10pm。バーは日〜木11:30am〜12am、金土11:30am〜1am、ハッピーアワー5〜7pm。
詳細:http://ise-shima.us/

いせしまで人気のアペタイザー「Spicy Tuna Dip」。キュウリ、ツナ、トマトをマヨネーズであえ、トルティーヤチップスを添えて Photo © Mirei Sato

いせしまで人気のアペタイザー「Spicy Tuna Dip」。キュウリ、ツナ、トマトをマヨネーズであえ、トルティーヤチップスを添えて
Photo © Mirei Sato


都ハイブリッドホテルのペイストリーシェフが作る、きな粉、玄米茶、ユズ、あずきを使ったクッキー Photo © Mirei Sato

都ハイブリッドホテルのペイストリーシェフが作る、きな粉、玄米茶、ユズ、あずきを使ったクッキー
Photo © Mirei Sato

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

佐藤美玲 (Mirei Sato)

佐藤美玲 (Mirei Sato)

ライタープロフィール

東京生まれ。子供の時に見たTVドラマ「Roots」に感化され、アメリカの黒人問題に対する興味を深める。日本女子大英文学科アメリカ研究卒業。朝日新聞記者を経て、1999年、大学院留学のため渡米。UCLAアメリカ黒人研究学部卒業・修士号。UMass-Amherst、UC-Berkeleyのアメリカ黒人研究学部・博士課程に在籍。黒人史と文化、メディアと人種の問題を研究。2007年からU.S. FrontLine誌編集記者。大統領選を含め、アメリカを深く広く取材する。

この著者への感想・コメントはこちらから

Name / お名前*

Email*

Comment / 本文

この著者の最新の記事

関連記事

注目の記事

  1. 活火山がうごめき、黒い溶岩が大地を這う。ハワイ島(ビッグ・アイランド)は、生きている。ハワイを形成する6つの島の中で、一番年齢が「若い」。まだ、たったの70万歳。島には、命が、息吹が、みなぎっている。
  2. To Gettysburgゲティスバーグへ  ペンシルベニアの東南端から、メリー...
  3.  取り立てて大きな事件もなく普通の人々の生活を描く映画は退屈に感じてしまう筆者だが、本作は最...
  4.  フロントライン誌で「極苦楽ライフ」を好評連載中の樋口ちづ子さんが、本を出版しました! タイ...
  5. 前回に引き続き、今回もアメリカでの不道徳行為、悪質な重犯罪やその他の犯罪による国外退去命令に...

デジタル版を読む

フロントライン最新号
ページ上部へ戻る