意外な秀作!! 反暴力映画「Chi-Raq」

文/はせがわいずみ(Text by Izumi Hasegawa)

Photo by Parrish Lewis, © Roadside Attractions and Amazon Studios

Photo by Parrish Lewis, © Roadside Attractions and Amazon Studios

 メッセージ性の強い映画を作ってきたスパイク・リー監督が、シカゴの犯罪を題材に反暴力をコメディータッチで描く「Chi-Raq」は、2500年前のギリシャ喜劇「女の平和」のリメイク(?)。アテネとスパルタの間で長年続く戦争に辟易した女性たちがセックス・ストライキを起こして平和を勝ち取るという同喜劇を、2大ギャングの抗争で多くの人命が失われるシカゴに舞台を換え、女たちが立ち上がるストーリーにした。コメディーの要素を取り入れつつも感動シーンをしっかり描き、同地区で熱心に活動する白人神父や混血妻を持つ白人市長を登場させて黒人だけの映画にしていない演出、そして、問題なのは銃ではなく、雇用の場の少なさといった社会問題だと訴求して大団円を迎える力量に舌を巻く。
 
 敵対するギャングのボスに扮するのは、ニック・キャノンとウェズリー・スナイプス。マライア・キャリーの元夫キャノンは、コメディアン兼司会者として有名だが、実はドラマ演技も上手い俳優。映画主演作「Drumline」の演技に感心していた筆者は、本作で彼の才能を再び堪能できて嬉しかった。脱税で服役後、映画界に復帰したスナイプスが、本作でコミカル演技を披露しているのにも注目したい。また、アンジェラ・バセットとジェニファー・ハドソンの重厚演技にはひれ伏してしまった。
 
 ちなみにタイトル(「しゃいらっく」と発音)は、「イラクのように戦場化しているシカゴ」という意味で、地区の呼び名として実際に住民が使っているとか。

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

はせがわいずみ (Izumi Hasegawa)

はせがわいずみ (Izumi Hasegawa)

ライタープロフィール

島根県松江市出身。映画ジャーナリスト・神主。NHKなどのアナウンサーを経て、映画・TV記者に。取材したセレブはのべ5000人以上。スターのインタビューや写真を全世界の媒体に配信する通信社Hollywood News Wire Inc. を経営 (一部をWhatsUpHollywood.comに掲載。動画インタビューはUTBでも放送中!!)。ハリウッドと日本の架け橋としてHollywood-PRを立ち上げ、PR・マーケティング、コンサルタントとしても活動中。
実家が神社(出世稲荷神社)なので神主の資格を持つ。島根県ふるさと親善大使「遣島使」。著書:TV『24』公式解説本『メイキング・オブ 24-TWENTY FOUR-』(竹書房)

この著者への感想・コメントはこちらから

Name / お名前*

Email*

Comment / 本文

この著者の最新の記事

関連記事

注目の記事

  1. 2017年3月2日

    第101回 エネルギー
     犬の飼い主さんから相談を受ける際、「飼い主のエネルギーを意識して愛犬と接しています...
  2. 加熱処理しない 酵母や酵素が生きている味噌 Miso  以前はSoybean pa...
  3. 皆既日食のベスト観測ポイント アメリカにいてお休みの旅先を検討するのに、なかな...
  4.  取り立てて大きな事件もなく普通の人々の生活を描く映画は退屈に感じてしまう筆者だが、本作は最...
  5. 本誌3月号では、売却されたロサンゼルスの元敬老ホームを日系社会に取り戻す活動を続ける「高齢者を守る会...

デジタル版を読む

フロントライン最新号
ページ上部へ戻る