「The Big Short」ブラピ、俳優として一皮むけた? (12月23日公開)

文/はせがわいずみ(Text by Izumi Hasegawa)

© 2015 Paramount Pictures

© 2015 Paramount Pictures

 ブラッド・ピットが俳優として、そして、プロデューサーとしてオスカー候補となった映画「Moneyball」の原作者マイケル・ルイスの同名小説(邦訳「世紀の空売り 世界経済の破綻に書けた男たち」)を、再びブラピ製作で映画化したのが本作。サブプライム住宅ローン崩壊の舞台裏を描いた人間ドラマだ。

 実在の人物で、バブル崩壊を予測したエキセントリックなヘッジファンド・マネージャー、マイケルに扮するのは、演技派クリスチャン・ベール。片目が義眼のマイケルを体現した目の演技に感服した。

 俳優としての才能よりも、プロデューサーとしての才覚を認められ、「12 Years a Slave」で(製作者としてだったが)念願のオスカーを手にしたブラピは、俳優として一皮むけたようで、本作ではかなり小さな役で登場。一攫千金を狙う若者2人の兄貴分にブラピとは分からない容姿と声を使って扮し、押さえた演技で場面をさらっていた。

 金融関係の専門用語が飛び交う本作は、劇中、観客が理解しやすいように分かり易く説明するシーンが何度か出てきた。セレーナ・ゴメスを使って、マネーゲームを解説する配慮もなされてはいるが、その手の情報やからくりに詳しくなければ、ついていくのに苦労するかもしれない。サブプライム住宅ローンで家を失った人々を描いた「99 Homes」と2本立てで観るといいかも?

© 2015 Paramount Pictures

© 2015 Paramount Pictures

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

はせがわいずみ (Izumi Hasegawa)

はせがわいずみ (Izumi Hasegawa)

ライタープロフィール

島根県松江市出身。映画ジャーナリスト・神主。NHKなどのアナウンサーを経て、映画・TV記者に。取材したセレブはのべ5000人以上。スターのインタビューや写真を全世界の媒体に配信する通信社Hollywood News Wire Inc. を経営 (一部をWhatsUpHollywood.comに掲載。動画インタビューはUTBでも放送中!!)。ハリウッドと日本の架け橋としてHollywood-PRを立ち上げ、PR・マーケティング、コンサルタントとしても活動中。
実家が神社(出世稲荷神社)なので神主の資格を持つ。島根県ふるさと親善大使「遣島使」。著書:TV『24』公式解説本『メイキング・オブ 24-TWENTY FOUR-』(竹書房)

この著者への感想・コメントはこちらから

Name / お名前*

Email*

Comment / 本文

この著者の最新の記事

関連記事

注目の記事

  1.  アメリカのトップ1%(実質的には0.1%)による富の支配が騒がれるようになってから、随分経...
  2. 2017年8月2日

    勢い vs. 慎重さ
    Appleのマーケターとして知られるGuy Kawasakiさんのスピーチの中にこんなフレ...
  3.  数カ月の間に二人の親しい知人をあの世に見送った。庭に生息する小さな虫さえ動かなくなるのを見...
  4. 前回に引き続き、今回もアメリカでの不道徳行為、悪質な重犯罪やその他の犯罪による国外退去命令に...
  5.  このコラムを執筆してちょうど5年が経った。連載のコンセプトは「ワインの知識を楽しく、分かり...

デジタル版を読む

フロントライン最新号
ページ上部へ戻る