「セレブ&リッチ」の専用ターミナル
ロサンゼルス国際空港、設置を認可

Photo © Prayitno

Photo © Prayitno

 ロサンゼルス国際空港(LAX)が、有名人や金持ちの旅行者のために、専用のターミナルを設置することを決めた。
 11月18日付ロサンゼルス・タイムズの記事(“Airport commission approves a private LAX lounge for the rich and famous”)によると、専用ターミナルは、ラウンジのような位置付けで、空港最南端の滑走路に隣接する貨物ターミナルを転用した建物の中に設ける。
 利用料金は1回の旅行につき最高1800ドル程度。空港の混雑したメーンターミナルを通らなくても、専用ターミナルの駐車場および降車エリアに直接乗り入れられる。ラウンジの中のプライベートな部屋も利用できて、飛行機の搭乗時間が近づくと、シャトルでメーンターミナルのゲートまで移動する。
 対象に描いているのは、ハリウッドのセレブ、スポーツ選手、外交官など。混雑する空港の中で、写真を撮ろうと待ち構えるパパラッチや、サインを求めるファンが引き起こす混乱をなくし、プライバシーを守るのが目的だという。
 建設および運営は、セレブな顧客を抱えるセキュリティー会社が引き受ける。建物を10年契約でリースし、その間に改装費として最低300万ドルを投入するという。
 このリースによって、LAXを運営するロサンゼルス・ワールド・エアポーツは、初年度で約375万ドル、10年間で3400万ドルの利益を見込んでいる。
 同様の施設はすでに、アムステルダム、ドバイ、ロンドン、モスクワ、パリ、フランクフルト、マドリッドなど、複数の主要都市で導入されている。

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

この著者の最新の記事

関連記事

注目の記事

  1. 加熱処理しない 酵母や酵素が生きている味噌 Miso  以前はSoybean pa...
  2. テマケリア。一度聞いたら忘れられない、コケティッシュなネーミング。ブラジル生まれの「手巻き寿司ファストフードの店」のことをさす。
  3.  和歌山県太地町で撮影された反捕鯨映画「The Cove」。同作は大きな話題になっただけでな...
  4.  この原稿を書いている時点では、まだ発表されていない2016年のエミー賞。テレビ界のアカデミ...
  5.  今年も8月に開催された『 ジャパン・ワイン・チャレンジ(JWC)』に招待され、審査員を務め...

デジタル版を読む

フロントライン最新号
ページ上部へ戻る