クリスマスの飾りつけ、もう引退させて〜
ベビーブーマー世代の願い、子供たちが却下

christmas-market-540918_1280

 ベビーブーマー世代の人たちは、長年、クリスマスになると家の内外にクリスマスツリーやイルミネーションを施して飾りつけてきたが、引退を迎えたいまは、「クリスマス断捨離」を始めるのがトレンドのようだ。
 12月7日付のワシントン・ポストの記事(“Boomers are ready to retire from holiday hubbub, but their kids won’t let them”)によると、イーベイでは最近130万件以上のクリスマス・オーナメントがオークションにかけられたという。自宅にあったクリスマス用品を寄付する人も増えている。そのため、グッドウィルの多くの店舗では、以前はクリスマスの時期のみ設置していた「クリスマス・グッズ・コーナー」を、常設に切り替えたほどだ。
 しかし、ベビーブーマーの子供たち、いわゆるミレニアル世代(1980年前後から2005年頃にかけて生まれた世代)は、いつまでも親たちが飾りつけをしてくれると期待している。
 ミレニアル世代の多くは、都会の狭いアパートに住み、普段は質素な生活をしている。ホリデーシーズンに実家へ帰って、親が飾りつけたクリスマスを楽しむ、というわけだ。
 今年引退したマリアン・ジョンソンさん(65)と夫で弁護士のエド・ヌーマンさんは、メリーランド州ベセスダに住む。自宅の地下には、数え切れないほどのクリスマスの飾りがしまってある。60体のサンタ、25体のくるみ割り人形、雪の結晶模様のテーブルセット、トナカイ柄のお皿、数百の電球、電子ロウソクなどだ。
 今年も飾るつもりでいたが、疲れ果て、規模を縮小しようと試みた。しかし、33歳と31歳になる娘たちにそう話すと、猛反対された。
 オーナメントなどを娘たちに譲ろうともしたが、それは丁重に断られた。娘たちにとってクリスマスとは、親の家で楽しむ伝統、親がやってくれること、のようだ。

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

この著者の最新の記事

関連記事

注目の記事

  1.  颯爽とかっこよくサーフボードに乗りサーフィンする犬。砂浜で仲間と楽しそうにたわむれ、水しぶきを浴び...
  2.  取り立てて大きな事件もなく普通の人々の生活を描く映画は退屈に感じてしまう筆者だが、本作は最...
  3. 注:本稿は、特に日系企業の駐在員の方々が連邦税務申告書を自分で作成できるようにステップを示し、並行し...
  4. 7月はミラノ郊外にある、『フランチャコールタ』という、大変ユニークなワイン地域を取材してきた...
  5. 2016年9月4日

    第40回 ロールモデル
    8年前の11月4日、珍しい雨の朝、私は近所の家の車庫に設置された投票所に行った。初めて手にした選挙権...

デジタル版を読む

フロントライン最新号
ページ上部へ戻る