タラの和風餡かけ
ニンジンとエノキのこってり味噌炒め

文&写真/名波はるか(Text and photos by Haruka Nanami)

 新年あけましておめでとうございます。今年も簡単おいしいレシピをたくさんお届けしたいと思います。よろしくお願いします。

 今年最初のレシピはタラの和風餡かけとニンジンとエノキのこってりみそ炒めです。ふっくらとソテーしたタラに、ショウガ風味の餡をかけていただけば、体も温まる冬らしいレシピになります。ミツバの香りが年末年始、食べ過ぎた胃にも優しい一品です。主菜とのバランスを考えて、足りない赤色の野菜。ニンジンを使いました。味付けのバランスも考えて、主菜がサッパリなので、こってりとした味付けに。ご飯との相性もばっちりです。常備菜として3日ほどもちます。
 

今日の主菜:タラの和風餡かけ

Photo © Haruka Nanami

Photo © Haruka Nanami

  • 【材料】(4人分)
  • タラ4切れ
  • 少々
  • 小麦粉適量
  • サラダ油大さじ1
  • 大さじ1
  • 長ネギ10cm
  • <餡材料>
    だし汁3.5カップ
  • 片栗粉大さじ1
  • 大さじ3
  • みりん大さじ2
  • しょうゆ(あれば薄口)大さじ1
  • ショウガ(すりおろし)1片
  • ミツバ1束

 

【作り方】
❶タラは塩少々をふり、しばらく置く。長ネギは半分の5cmの長さに切り、縦細切りにして氷水にさらして、白髪ネギにする。ミツバは根を切り落とし、3cmの長さに切る。
❷タラから出た水分をキッチンペーパーで拭き取り、小麦粉をまぶす。中火に熱したフライパンにサラダ油をひき、余分な小麦粉をはたいたタラを皮を下にして炒める。焼き色がついたら、崩れないようにそっと返して、酒を入れる。弱火に落とし、蓋をして2分間蒸し焼きにする。
❸小鍋にだし汁と片栗粉をよく混ぜたものを入れ、火にかける。煮立ってきたら、酒、みりん、しょうゆを加え、再沸騰したら弱火にし2分ほど煮る。すりおろしショウガとミツバを加えて、ひと混ぜして火を止める。
❹皿に、タラを盛り付け、餡をかけ、水気を切った白髪ネギを中央に飾る。


今日の副菜:ニンジンとエノキのこってり味噌炒め

Photo © Haruka Nanami

Photo © Haruka Nanami

  • 【材料】(4人分)
  • ニンジン1本
  • エノキ1株
  • ゴマ油大さじ1
  • いりゴマお好みで
  • <合わせ調味料>
    味噌大さじ1.5
  • 大さじ1.5
  • しょうゆ大さじ1
  • 砂糖大さじ1
  • みりん大さじ1

 

【作り方】
❶ニンジンは皮をむき、1/3の長さに切り、少し太めの千切りにする。エノキは石づきを切り落とし、半分の長さに切り、ほぐしておく。合わせ調味料をあらかじめ混ぜて、味噌を溶いておく。
❷フライパンにごま油をひき、中火でニンジンを炒める。ニンジンに油が回ったら、エノキを入れる。
❸しんなりしてきたら、合わせ調味料を入れて、よく混ぜ合わせる。器に盛り、お好みでいりゴマをふる。

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

名波はるか (Haruka Nanami)

名波はるか (Haruka Nanami)

ライタープロフィール

タレント・グラビアアイドル・女優として日本でTV、雑誌、ラジオに出演。代表作に人気漫画の実写化作品の主人公を演じた「まいっちんぐマチコ先生」。現在は日本とロサンゼルスを行き来しながら、料理研究家としても活動中。著書(電子書籍)に「名波はるかの彼のお家で作るお泊まりレシピ」と「魔性の身体を2週間で手に入れる! 糖質制限レシピ」がある。

この著者の最新の記事

関連記事

注目の記事

  1. 出発点はレコード針  AUTECの出発点は、東京の町田にあるAudio Technic...
  2. 昨年「ワイン業界の、次のホームランは何か?」という題名で記事を書いたが、その時に人気のロゼワ...
  3. あ、しまった! 飛行機を間違えて日本に帰ってきてしまった! どうしよう。私は一瞬、ギョッとし...
  4. 店舗数全米一のモール 中にはローラーコースター!? 広いアメリカ、まだ知られていない旅先を紹...
  5.  愛犬ジュリエットが13歳を超えた頃から、「おかしな行動」を見せるようになりました。部屋の隅...

デジタル版を読む

フロントライン最新号
ページ上部へ戻る