しば漬けピンクタルタルソースのチキン南蛮
水菜と油揚げの煮びたし

文&写真/名波はるか(Text and photos by Haruka Nanami)

 見た目にも可愛いピンク色のタルタルソースのチキン南蛮。揚げ物は後片付けが面倒だし、油を大量に使うのはもったいない、という方も、揚げないチキン南蛮なら気軽に作れるはず。漬けダレは捨てずに、次の日、炒め物に使ってください。甘酢しょうゆ味で美味しく仕上がります。しば漬けタルタルソースは時間を置いた方がピンク色になるので、一番最初に作ります。しば漬けが手に入らない場合は、ピクルスで代用してください。

 副菜は油揚げにおだしの味がしみ込んだ煮びたしを。旬の野菜、水菜がたくさん食べられます。

今日の主菜:しば漬けピンクタルタルソースのチキン南蛮

Photo © Haruka Nanami

Photo © Haruka Nanami

  • 【材料】(4人分)
  • 鶏もも肉2枚
  • 小麦粉適量
  • 1個
  • サラダ油適量
  • キャベツ(千切り)お好みで
  • <漬けダレ>
    長ネギ1/2本
  • 大さじ6
  • しょうゆ大さじ4
  • 砂糖大さじ2
  • 輪切り唐辛子少々
  • <ピンクタルタルソース>
    しば漬け(みじん切り)大さじ5
  • ゆで卵2個
  • マヨネーズ大さじ10
  • 大さじ1

 
【作り方】
❶タルタルソースを作る。ゆで卵は殻をむき、白身はみじん切りに、黄身はスプーンでつぶす。その他の材料と混ぜ合わせる。
❷漬けダレを作る。長ネギは縦1/4に切り、みじん切りにする。その他の材料と混ぜ、バットに流す。
❸鶏肉は一口大に切り、小麦粉→卵→小麦粉の順番で衣付けする。フライパンに少し多めにサラダ油を入れ、弱めの中火にかける。皮を下にして入れ、揚げ焼きにする。
きつね色になったら、裏返し、弱火にして蒸し焼きにする。
❹熱いうちに漬けダレに漬ける。1分漬けたら裏返し、また1分漬ける。皿に千切りキャベツと一緒に盛り付け、最後にタルタルソースをかける。


今日の副菜:水菜と油揚げの煮びたし

Photo © Haruka Nanami

Photo © Haruka Nanami

  • 【材料】(4人分)
  • 水菜5束
  • 油揚げ2枚
  • しょうゆ大さじ1.5
  • みりん大さじ1.5
  • 大さじ2
  • だし汁5oz

 
【作り方】
❶油揚げはお湯を掛けて、油抜きする。1.5cm幅に切る。水菜は根を切り落とし、5cmの長さに切る。
❷フライパンに油揚げと調味料をすべて入れ、2分ほど中火にかけ、味を煮含ませる。
水菜を入れ、混ぜ合わせ、水菜が鮮やかな緑色になったら火を止め、器に盛り付ける。

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

名波はるか (Haruka Nanami)

名波はるか (Haruka Nanami)

ライタープロフィール

タレント・グラビアアイドル・女優として日本でTV、雑誌、ラジオに出演。代表作に人気漫画の実写化作品の主人公を演じた「まいっちんぐマチコ先生」。現在は日本とロサンゼルスを行き来しながら、料理研究家としても活動中。著書(電子書籍)に「名波はるかの彼のお家で作るお泊まりレシピ」と「魔性の身体を2週間で手に入れる! 糖質制限レシピ」がある。

この著者の最新の記事

関連記事

注目の記事

  1. JRグループは観光目的で日本を訪れる外国人旅行者が、日本中を鉄道で旅行できる「ジャ...
  2.  ホームオーナーズ保険に加入していれば個人所有物も保険にかかっていますが、項目によって上限が...
  3.  子どものころには、家の近所でもしばしばお遍路さんの姿を見かけた。いまでもおぼえているのは年...
  4.  颯爽とかっこよくサーフボードに乗りサーフィンする犬。砂浜で仲間と楽しそうにたわむれ、水しぶきを浴び...
  5. 東西に川で分かれる 町を繋ぐのは12の橋  ポートランドは、町を東西に分けるようにウ...

デジタル版を読む

フロントライン最新号
ページ上部へ戻る