彼の国を憂いて 〜 築地市場

文&写真/水島伸敏(Text and photos by Nobutoshi Mizushima)

 

ターレットを運転する市場人 Photo © Nobutoshi Mizushima

ターレットを運転する市場人
Photo © Nobutoshi Mizushima

 日本に帰るたびに必ず訪れる場所がある。東京の下町で育った自分には、その場所の持つ風情や活気が、とても居心地良く感じるからだ。新しくもなく、古すぎずもしない。そこには、いい感じのリアルな日本が存在している。

 中央卸売市場が築地に建てられたのは、関東大震災を経た1935年。江戸時代からこのあたりは漁師町として栄えてきた 。市場ができて80年、戦争の間も東京の食を支え続けてきた。そんな築地市場が今年の11月でなくなってしまう。正確には移転をするのだが、新しくなってしまう建物や共に歩んできた場外市場を残したまま場所を変えてしまうのだから、私にとっては、なくなってしまうのと同じことだ。

 時代の流れには逆らえないということかもしれない。ここ築地でも、昔は魚を乗せて、腰で引く“引っぱり車”と呼ばれる大八車が、いつからかガソリンで走る車になり、そう呼ばれていたことを知る人も少なくなった。

 一歩場内に足を踏み入れると、ターレットと呼ばれるそのガソリンで走る立ち車が、クラクションを鳴らしながら人と人の間を結構なスピードですり抜けていく。ここでは人より魚を乗せたそのターレットが優先ということらしい。この雰囲気がなんとも言えない。市場の中では、外の世界とは違う法(ルール)とここだけに流れる時間がある。縦横無尽に駆け巡るターレット、それを運転する市場人の姿、それが今の築地の名物だ。

 

1

2 3

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

関連記事

注目の記事

  1. 穀物 Hakubaku 健康で豊かな食生活実現に貢献したい  日本国...
  2.  フロントライン誌で「極苦楽ライフ」を好評連載中の樋口ちづ子さんが、本を出版しました! タイ...
  3.  カリフォルニアワインの質と評価が、世界的に認知されたのは喜ばしい。しかしながら、高騰し続け...
  4. 金融から食の世界へ  西本Wismettacグループに参画し、今年で7年目となります。...
  5. 「アメリカの学校は2カ月半も夏休みがあって、しかも宿題がないんでしょ?」と日本から来たばかり...

デジタル版を読む

フロントライン最新号
ページ上部へ戻る