グーグル、空の宅配で特許申請
専用容器がドローン待ち受け?

Photo © Andrew Turner

Photo © Andrew Turner

 ドローン(無人機)を使った空からの宅配システム開発に取り組むアルファベット傘下グーグルはこのほど、「飛行配達装置」が運ぶ荷物を地上で受け取り、安全な保管場所に運ぶための配達容器について特許を申請した。
 ロイター通信によると、この容器は空中のドローンを赤外線で交信しながら誘導し、荷物を受け取って車庫などに運ぶよう作られている。ただし申請書類からは配達容器の性質について詳しいことは分からない。
 グーグルのドローン宅配システム開発事業は「プロジェクト・ウィング」と呼ばれ、2012年に始まり、14年8月にオーストラリアで行われた野外実験の様子がユーチューブの動画で公開された。15年11月には事業責任者のデイブ・ボス氏が「17年までには宅配を開始できる」との見通しを示した。米国での実験は連邦航空宇宙局(NASA)のエイムズ研究センターで行われている。
 同種の宅配サービスはオンライン小売り最大手アマゾンなども開発に取り組んでいるが、実現に先立ち連邦航空局(FAA)が商業用ドローンの使用規制を最終決定する必要があり、これは年内の発表が見込まれている。
 FAAは現在、重量0.5~55ポンドのドローンを屋外で飛ばす場合に事前登録を義務付けており、ことし1月初めまでに18万1061機が登録された。

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

この著者の最新の記事

関連記事

注目の記事

  1. 診断と治療の問題点 認知症とは何か? 生後に正常に発達した諸々の精神機能が慢性的に減退すること...
  2.  2017年9月1日に、アメリカ国務省(DOS)が「虚偽陳述」という用語に関する新たなガイダンスを更...
  3. 昼は子供中心の場所で 夜はオトナが科学する  OMSI(オレゴン科学産業館)には、科学を...
  4. 頂上から滝壺まで歩いていける オレゴン一の高さマルトノマ滝  サスティナブルで、グリ...
  5. 中南米地域で注目すべき市場は?  最も注目されている市場はメキシコです。4年前の在メキシ...

デジタル版を読む

フロントライン最新号
ページ上部へ戻る