ITはフリーの人材に頼め
企業とコーダー結ぶ市場出現

office-1069207_1920

 最新のハイテク技術を持った人材を求める企業とソフトウェア開発者とを結びつける新しい形の市場がシリコン・バレーなどに生まれ、若者を中心とするフリーランスのコーダー(Webデザインなどを仕上げる技術者)を引き付けている。
 ウォールストリート・ジャーナルによると、この新種の人材探しを使えば、企業は正社員を雇うことで生じる長期的な経済負担を避けて事業ごとに的確な人材を短期間で確保でき、有能なソフトウェア開発者は柔軟性や多くの選択肢を維持しながら経験を積むことができる。
 1000人以上のフリーランス・コーダーに仕事を仲介するスケーラブル・パス(Scalable Path、カリフォルニア州)のダミアン・フィリアトラウト最高経営責任者(CEO)によると、有能なコーダーは簡単に時給100~200ドルを稼ぐという。同社の顧客はソフト作成作業に時給145ドルを払っており、週40時間で年間48週間働いた場合、フリーランスの総年収は27万8400ドルにもなる。さらに、ビッグデータ関連のハドゥープなどで働く特殊技術を持った人になると時給は300ドルに達する可能性もある。

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

この著者の最新の記事

関連記事

注目の記事

  1.  フロントライン誌で「極苦楽ライフ」を好評連載中の樋口ちづ子さんが、本を出版しました! タイ...
  2. 本稿は、特に日系企業で1年を通して米国に滞在する駐在員が連邦税務申告書「Form 1040」を自...
  3. 日本酒とは 日本酒は「米、米麹、水を原料として発酵させてこしたもの」で、かつ「アルコール度...
  4. 早いものでもう今年も最後の月に入りました! 毎回悩んでしまう、クリスマスメニューですが、簡単に、しか...
  5. 誰もが知ってるファーストフードの店マクドナルド。しかし、フランチャイズ化を成功させたのは、創...

デジタル版を読む

フロントライン最新号
ページ上部へ戻る