歴史を繰り返さないために必見!!「Remember」(3月18日から劇場公開)

文/はせがわいずみ(Text by Izumi Hasegawa)

 

© A24

© A24

 認知症を患う高齢のゼヴは、同じ高齢者ケア施設に住むマックスから、ある使命を託される。アウシュヴィッツで一緒だった2人は、戦犯を逃れて別人のふりをして暮らすドイツ移民に制裁を下す決意をし、体の不自由なマックスに代わって、ゼヴが1人で実行するのだった。起きる度に記憶が曖昧になっているゼヴは、マックスの手紙を読んで、使命を全うしていくのだが……。
 

© A24

© A24

 ゼヴ役を「The Sound of Music」のクリストファー・プラマー、マックス役をTV「Mission: Impossible」のマーティン・ランドーが演じ、高齢の重鎮俳優の健在ぶりを見せつける。そこかしこにうなる展開が用意され、最後の意外な事実に仰天する本作は、稀に見るスマートな脚本。しかし、主役陣が高齢ゆえに保険代が高く、製作に難航したという。結局、脚本を書いたベンジャミン・オーガスト自身が資金集めをし、ユダヤ系団体からの援助を得て完成にこぎ着けたそうだ。そんなオーガストは、福島で英語教師をし、広島の原爆記念館を訪れた経験を持つ。長期滞在したベトナムでも戦争の悲劇を目の当たりにし、本作の執筆に至ったそうだ。劇中、2世、3世が戦争の悲劇を知らないでいる場面があるが、本作の存在がなければそうした若い世代が増え続ける。歴史を繰り返さないためにも、本作のような高いクオリティーの、ドラマで展開する反戦映画をできるだけ多くの人に観てもらいたいと思った。(3月4日より劇場公開)
 

© A24

© A24

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

はせがわいずみ (Izumi Hasegawa)

はせがわいずみ (Izumi Hasegawa)

ライタープロフィール

島根県松江市出身。映画ジャーナリスト・神主。NHKなどのアナウンサーを経て、映画・TV記者に。取材したセレブはのべ5000人以上。スターのインタビューや写真を全世界の媒体に配信する通信社Hollywood News Wire Inc. を経営 (一部をWhatsUpHollywood.comに掲載。動画インタビューはUTBでも放送中!!)。ハリウッドと日本の架け橋としてHollywood-PRを立ち上げ、PR・マーケティング、コンサルタントとしても活動中。
実家が神社(出世稲荷神社)なので神主の資格を持つ。島根県ふるさと親善大使「遣島使」。著書:TV『24』公式解説本『メイキング・オブ 24-TWENTY FOUR-』(竹書房)

この著者への感想・コメントはこちらから

Name / お名前*

Email*

Comment / 本文

この著者の最新の記事

関連記事

注目の記事

  1.  2017年2月、東京に所用ができ、2泊することになった。宿泊先として以前から興味を覚えてい...
  2.  この原稿を書いている時点では、まだ発表されていない2016年のエミー賞。テレビ界のアカデミ...
  3. 旬の野菜、カブとミツバを使ったレシピです。カブは火の通りが速いので、すべての材料を入れ、ひき肉がほぐ...
  4.  アメリカ国外に居住することを選択した永住権(グリーンカード)保持者が、外国に住みながらグリ...
  5.  トーランス市役所の北東に、ウェアハウスを兼ねたオフィススペースが並ぶ一画がある。ちょっとハ...

デジタル版を読む

フロントライン最新号
ページ上部へ戻る