女子力全開だけど……「The Divergent Series: Allegiant」(3月18日から劇場公開)

文/はせがわいずみ(Text by Izumi Hasegawa)

 

© Lionsgate Entertainment

© Lionsgate Entertainment

 近年流行の女子力全開の作品の一つ「The Divergent」シリーズの最新作「The Divergent Series: Allegiant」は、残念ながら展開がスローな割には人間ドラマが深く描かれておらず、退屈な映画となってしまっていた。原因は、ビジネスになるからと言って、1冊の原作本を2本の映画に分けたからだ。

 大作原作本の映画化の場合、原作本自体が長編で、登場人物も多く、込み入った内容なら二つに分ける必要がある。「Happy Potter」が良い例だ。しかし、「The Hunger Games」でも証明されたように、ビジネス目的に二つに分けると良いことがない。「The Divergent」と「The Hunger Games」が同じ映画会社なのは偶然ではなく、「The Twilight」シリーズで味をしめた同社が、女子力を当てにして「The Hunger Games」と「The Divergent」を作ったのだが、両方とも後半になるにつれて、クオリティが尻すぼみになっているのが非常に残念だ。

 そんな中、本作でのスマートなメタファーに感銘を受けた。前作でヒロイン、トリスは、独裁者ジャニーンを倒し、差別や区分けのない世界を築こうとするが、本作で彼女は、逆に区分けのキー的存在になっていく。そして、いつのまにかトリスはジャニーンと同じファッションに身を包む。このメタファーに感心したとプロデューサーに話すと、「気づかなかった」という返事。本作がイマイチな原因がここにもあった……。(3月18日から劇場公開)

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

はせがわいずみ (Izumi Hasegawa)

はせがわいずみ (Izumi Hasegawa)

ライタープロフィール

島根県松江市出身。映画ジャーナリスト・神主。NHKなどのアナウンサーを経て、映画・TV記者に。取材したセレブはのべ5000人以上。スターのインタビューや写真を全世界の媒体に配信する通信社Hollywood News Wire Inc. を経営 (一部をWhatsUpHollywood.comに掲載。動画インタビューはUTBでも放送中!!)。ハリウッドと日本の架け橋としてHollywood-PRを立ち上げ、PR・マーケティング、コンサルタントとしても活動中。
実家が神社(出世稲荷神社)なので神主の資格を持つ。島根県ふるさと親善大使「遣島使」。著書:TV『24』公式解説本『メイキング・オブ 24-TWENTY FOUR-』(竹書房)

この著者への感想・コメントはこちらから

Name / お名前*

Email*

Comment / 本文

この著者の最新の記事

関連記事

注目の記事

  1. クルーズの季節がやってきた! エンターテインメントやサービスの質の高さに定評がある、ディズニー・クルーズライン。巨大客船「ディズニー・ドリーム号」でゆく、「4泊5日・バハマの旅」を紹介する。
  2. 今回は日本企業の人事にまとわる無駄について考えてみた。 その昔(もう40年前の話)、あ...
  3. ブルースの誕生は 綿花畑の中から 広いアメリカ、こんなところがあったのかという旅先を紹介して...
  4.  アメリカの刑事裁判には、司法取引という制度があります。よく映画などで見られる「罪を認めるなら罰...
  5. 2017年3月3日

    第54回 多人種社会
     2017年1月、トランプ氏がアメリカ合衆国の大統領に就任した。彼は難民や移民の受け入れ審査を強化し...

デジタル版を読む

フロントライン最新号
ページ上部へ戻る