キリスト教映画で二匹目のドジョウ狙う「Heaven Is for Real」(3月25日から劇場公開)

文/はせがわいずみ(Text by Izumi Hasegawa)

 

© 2016 CTMG.

© 2016 CTMG.

 ソニーが配給した2014年の映画「Heaven Is for Real」は、臨死体験をした少年が天国でキリストに会って戻ってきたという実体験の書籍の映画化で、1500万ドルの製作費ながら国内だけで2900万ドルの興行収入をあげた。キリスト教団体のバックアップがいかにビジネスになるかを実感したソニーは、本作「Miracles from Heaven」で二匹目のドジョウを狙う。

 神道と仏教の国、日本の子会社がキリスト教啓蒙となる作品を配給しているのが興味深いが、ビジネスにはシビアで、宗教がいかに商売になるかというのに目を付けたスマートさに拍手を贈りたい。

 本作も実体験の書籍の映画化だが、奇妙な偶然に宗教の壁を越えて驚嘆してしまう。

 敬虔なクリスチャンのビーム家の次女アナは、熱心な信者。しかし、そんな彼女が治療薬のない難病に冒される。「なぜ自分だけ。祈りが足りないのか?」という彼女の問いに両親は答えを見つけられない。持続的な痛みに耐えきれなくなったアナは、10歳ながら「死ねば痛みから解放されるから死にたい」と涙ながらに訴える。余命わずかと宣告された彼女が、木登りの際の事故で頭を強打。骨折はおろか、軽傷で済んだアナは、その後、打ち所が良かったために難病が治るというストーリー。

 映画ではフィクションを交えてドラマティックな展開にしつつ、信心についても描く。母子愛を前面に出しているものの、「キリスト教団体からの資本だから仕方ないか……」という啓蒙シーンが鼻につく瞬間がいくつかあったのも否めない。

 ちなみに、「なぜ自分だけ……」という問いに対する筆者の答えは、「ほかの人よりも強いからこそ、チャレンジを与えられている」だ。みなさんの考えは?(3月25日から劇場公開)

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

はせがわいずみ (Izumi Hasegawa)

はせがわいずみ (Izumi Hasegawa)

ライタープロフィール

島根県松江市出身。映画ジャーナリスト・神主。NHKなどのアナウンサーを経て、映画・TV記者に。取材したセレブはのべ5000人以上。スターのインタビューや写真を全世界の媒体に配信する通信社Hollywood News Wire Inc. を経営 (一部をWhatsUpHollywood.comに掲載。動画インタビューはUTBでも放送中!!)。ハリウッドと日本の架け橋としてHollywood-PRを立ち上げ、PR・マーケティング、コンサルタントとしても活動中。
実家が神社(出世稲荷神社)なので神主の資格を持つ。島根県ふるさと親善大使「遣島使」。著書:TV『24』公式解説本『メイキング・オブ 24-TWENTY FOUR-』(竹書房)

この著者への感想・コメントはこちらから

Name / お名前*

Email*

Comment / 本文

この著者の最新の記事

関連記事

注目の記事

  1. 20年後の自分に宛てた手紙  世界各地で「タイム・アフター・タイム・カプセル・アートプ...
  2.  ホームオーナーズ保険に加入していれば個人所有物も保険にかかっていますが、項目によって上限が...
  3.  8月22日、ニナが秋から通うハイスクールのレジストレーションが終了した。レジストレーション...
  4. 2017年3月3日

    第54回 多人種社会
     2017年1月、トランプ氏がアメリカ合衆国の大統領に就任した。彼は難民や移民の受け入れ審査を強化し...
  5. 2年前に起業を決意 まずはインスタグラム  2年前にポートンランドで起業して、今やオ...

デジタル版を読む

フロントライン最新号
ページ上部へ戻る