クレジットスコア開示無料に
金融機関、圧力受けやっと

Photo © Morgan

Photo © Morgan

 個人の信用度を表し、金融機関が融資決定やクレジットカード発行の判断基準に使う重要な情報であるクレジットスコアを、本人が従来より簡単に見られるようになった。
 AP通信によると、大手銀行やクレジットカード会社は現在、利用者にクレジットスコア(FICOスコア)を無料で開示するようになっている。個人の支払い履歴やカード返済歴などを基に算出されるクレジットスコアは、算出法の開発会社の名前を冠したFICO(ファイコ)スコアが最も一般的で、金融機関が住宅や自動車のローン審査、クレジットカードの発行審査、レンタカーや不動産賃貸などの審査を行う際にその人が借りた金をきちんと返すかどうかを客観的に判断するのに使う。
 FICOイニシアティブと呼ばれる制度によって、金融機関は4年前から個人利用者にそのクレジットスコアを見せられるようになったが、実際に見せるところは少なかった。ディスカバー・フィナンシャルが2013年、カード発行大手としては最初に閲覧を可能にしたものの、JPモーガン・チェイスやシティグループなどが開示を始めたのは15年からだった。

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

この著者の最新の記事

関連記事

注目の記事

  1. 本誌3月号では、売却されたロサンゼルスの元敬老ホームを日系社会に取り戻す活動を続ける「高齢者を守る会...
  2. ニナが高校に入学して1カ月。私は彼女に「ボランティア活動のクラブに入って」とリクエストした。...
  3.  アリゾナの州都フェニックスは、国立公園グランドキャニオンや、人気の観光地セドナへ行く「玄関...
  4.  東日本大震災で犠牲になったアメリカ人、テイラーさん(当時24歳)の生涯を、家族や恋人、友人...
  5.  スコット・イーストウッドの存在を初めて知ったのは、2013年の映画「Texas Chain...

デジタル版を読む

フロントライン最新号
ページ上部へ戻る