ロボット脅威だが自分は安泰
米国人の労働市場予想

Photo © A Health Blog

Photo © A Health Blog

 産業ロボットやコンピュータが半世紀のうちに人間に取って代わる…と予想する米国人が60%を超えることが、ピュー・リサーチ・センターが実施したオートメーションに対する意識調査で分かった。その半面、80%は「自分の仕事は大丈夫」と思っている。
 ウォールストリート・ジャーナルによると、こうした食い違いの要因としては、より差し迫った問題への懸念が考えられる。ピュー調査によると、国民の多くがロボットよりも、自分より低賃金の労働者や業界の変化、雇用者の誤った経営によって仕事がなくなる事態を恐れている。
 調査ではこのほか、ロボットとコンピュータが「間違いなく」人の代わりに仕事をすると予想する人が15%、「恐らく」が50%を占めた。一方、取って代わることはないという予想は「疑いなく」と「恐らく」合わせて32%だった。
 しかし、自身の仕事については半世紀後も「疑いなく」存在すると答えた人が36%、「恐らく」が44%に上り、この逆を予想する人は合わせて18%にとどまった。

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

この著者の最新の記事

関連記事

注目の記事

  1. 人事・総務関連業務のアウトソーサー リログループは1967年創業、人事・総...
  2. 「アメリカの学校は2カ月半も夏休みがあって、しかも宿題がないんでしょ?」と日本から来たばかり...
  3. 高校も3年目になると「AP」クラスなるものが登場する。APとはAdvanced Placem...
  4.  プロレスラーから俳優に転身したデイヴ・バウティスタ。ザ・ロックことドウェイン・ジョ...
  5. 2016年9月4日

    第40回 ロールモデル
    8年前の11月4日、珍しい雨の朝、私は近所の家の車庫に設置された投票所に行った。初めて手にした選挙権...

デジタル版を読む

フロントライン最新号
ページ上部へ戻る