ケヴィン・コスナーの才能

文/はせがわいずみ(Text by Izumi Hasegawa)

 

© Lions Gate Entertainment Inc.

© Lions Gate Entertainment Inc.

 ここ数年、最も多くインタビューしているケヴィン・コスナーは、記者会見に必ず出席し、質問に真摯に答える数少ないA級スターだ。

 新作「Criminal」では、大スターながら、単独で約30分、じっくり記者と話してくれた。本作への出演を何度か断ったというコスナーだが、結局は出演を決めるも、最初は演じる役ジェリコのキャラクター像がまったくつかめず、苦労したと語る。

 「撮影初日が、共演のガル(・ガドット)演じるジルをレイプしようとするシーンでね。ジルの夫ビルの記憶を植え付けられている凶悪犯ジェリコがどんなルックスで、どんな動きをするのかさえ全く見当がつかなくて戸惑ったよ」と打ち明けた。

 しかし、コスナーはビルとジェリコが交錯し、混乱する人物をバランス良く演じあげ、俳優としての才能を見せつけた。それだけではない。オスカー監督でもあるだけに、演出面でも絶妙なアドバイスを与えたことが分かった。本作の監督アリエル・ヴロメンが教えてくれた。「ダークでシリアスな犯罪ドラマなので、シリアスな場面ばかりを撮影していたところ、ケヴィンが、アドリブでユーモラスな場面を入れるよう提案してきた。全体のトーンと違うからうまくいくか分からなかったけど、『信用してくれ。絶対に上手くいくから』と言われ、やってみたんだ。そうしたら、とてもいいアクセントになって、ほかのシーンがとても効果的になったんだ」という。図書館のシーンなどがそうだが、効果の程は観てのお楽しみだ。(4月15日公開)

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

はせがわいずみ (Izumi Hasegawa)

はせがわいずみ (Izumi Hasegawa)

ライタープロフィール

島根県松江市出身。映画ジャーナリスト・神主。NHKなどのアナウンサーを経て、映画・TV記者に。取材したセレブはのべ5000人以上。スターのインタビューや写真を全世界の媒体に配信する通信社Hollywood News Wire Inc. を経営 (一部をWhatsUpHollywood.comに掲載。動画インタビューはUTBでも放送中!!)。ハリウッドと日本の架け橋としてHollywood-PRを立ち上げ、PR・マーケティング、コンサルタントとしても活動中。
実家が神社(出世稲荷神社)なので神主の資格を持つ。島根県ふるさと親善大使「遣島使」。著書:TV『24』公式解説本『メイキング・オブ 24-TWENTY FOUR-』(竹書房)

この著者への感想・コメントはこちらから

Name / お名前*

Email*

Comment / 本文

この著者の最新の記事

関連記事

注目の記事

  1.  子どものころには、家の近所でもしばしばお遍路さんの姿を見かけた。いまでもおぼえているのは年...
  2. ピープルとの関わり 私が最初に知育玩具で知られるピープルのことを知ったのは、父の会社であるVa...
  3. まずはミズーリ州最高峰を制覇 広いアメリカ、旅先にはことかかないようで、意外と他州に目が向かな...
  4. 2016年9月4日

    第40回 ロールモデル
    8年前の11月4日、珍しい雨の朝、私は近所の家の車庫に設置された投票所に行った。初めて手にした選挙権...
  5. 2017年3月3日

    第54回 多人種社会
     2017年1月、トランプ氏がアメリカ合衆国の大統領に就任した。彼は難民や移民の受け入れ審査を強化し...

デジタル版を読む

フロントライン最新号
ページ上部へ戻る