決定!ANAが羽田〜ニューヨーク、羽田〜シカゴの両路線を10月開設

 全日空(ANA)は、今年の10月30日から、羽田〜ニューヨーク線と、羽田〜シカゴ線を開設することを発表した。

 今年2月の日米航空当局間協議において、新たに羽田空港の昼間の時間帯(6am~11pm)に日米間の運航が可能になったため、開設する。

ANA

 羽田を朝に出発して、夜に帰着するスケジュールになる。これで、現地滞在時間が長く確保できるようになり、ビジネス客や旅行者にとって、利便性が高い。日本各地から北米大陸への渡航がますます便利になる、とANAは期待している。

 さらに、2017年2月から、成田~メキシコシティの直行便の運航もスタートする。

 ANAによると、メキシコは、製造・輸出拠点としての魅力を高めており、2010年からの5年間で日本による直接投資額が約2.7倍になっている。日系企業進出数も、約2倍になった。自動車産業を中心に、日本との経済的な結びつきは年々強まっているという。

 ANAは、2015年7月に「メキシコシティ営業支店」を開設し、市場調査・開拓を進めてきた。同年6月に、成田〜ヒューストン路線を開設した、ヒューストンからメキシコ国内7都市に簡単に乗り継ぎできるコードシェア便も設定。メキシコシティ就航に向けた準備を進めてきた。

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

この著者の最新の記事

関連記事

注目の記事

  1.  今年も8月に開催された『 ジャパン・ワイン・チャレンジ(JWC)』に招待され、審査員を務め...
  2. E2ビザ(貿易駐在員、投資駐在員ビザ)はアメリカと通商条約を締結した国の国民に発行されるもの...
  3. 2017年10月1日

    心の病 相談室
    Q.1 在米日本人が発症するうつ病は、どのような経緯で陥るケースが多いのでしょうか?A....
  4. 2017年秋、南カリフォルニア日系商工会議所の前会頭だったキティ・サンキーさんが、長年の地元...
  5. 「アメリカの学校は2カ月半も夏休みがあって、しかも宿題がないんでしょ?」と日本から来たばかり...

デジタル版を読む

フロントライン最新号
ページ上部へ戻る