ロサンゼルス「敬老」が6月に「Genki Conference」開催、施設売却後初

 ロサンゼルスを拠点に日系の高齢者への介護や福祉サービスなどを提供する「敬老シニアヘルスケア」(通称Keiro)が、6月11日(土)、パサデナで「Genki Conference」を開く。

keiro 1

 非営利団体として50年以上にわたってロサンゼルスで日系の老人ホームなどを経営してきた敬老は、4施設を非日系の営利団体に売却することを決め、日系コミュニティーの一部から猛反対に遭ったものの、今年初めに売却を成立させた。

 「Genki Conference」は、敬老の定番プログラムとして続いてきたが、売却騒動後の開催は初となる。

 今回は、介護者(caregiver)を対象にしており、高齢者とその家族が抱える課題について、講演やワークショップを行う。アルツハイマー病と認知症、遺書や遺産相続、メディケアなどが議題として予定されている。

 スポンサーには、敬老の4施設を買収したノーススター社とアスペン・スキルド・ヘルスケア社、名前を「Kei-Ai」および「Sakura」と変えて運営されている旧敬老の老人ホーム施設などが、名を連ねている。

keiro 2

Genki Conference: Caregiver’s Edition
◾️日時:6月11日(土)8:30am〜
◾️会場:Pasadena Buddhist Temple
◾️詳細:www.keiro.org/caregiver-conference/
◾️問い合わせ&申し込み:bleong@keiro.org
213-873-5705

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

この著者の最新の記事

関連記事

注目の記事

  1. SHISEIDO 資生堂が、Bio-Performanceからの2つの商品を含む2016年秋の新作...
  2. テマケリア。一度聞いたら忘れられない、コケティッシュなネーミング。ブラジル生まれの「手巻き寿司ファストフードの店」のことをさす。
  3.  ソノマといえば、ナパと並んで、北カリフォルニアのワインカントリーの雄。オークランドに5年住...
  4. 翻訳に携わる 履修科目: 翻訳(大学院プログラム、科目単位履修) スクール:Babe...
  5.  颯爽とかっこよくサーフボードに乗りサーフィンする犬。砂浜で仲間と楽しそうにたわむれ、水しぶきを浴び...

デジタル版を読む

フロントライン最新号
ページ上部へ戻る