携帯アプリ使った買い物急増
小売業界に大きな影響

woman-828888_640

 携帯電話に取り込んだ買い物アプリケーションを使ってショッピングをする人が急増している。
 ウォールストリート・ジャーナルによると、以前は携帯電話の小さな画面では買い物がしづらかったが、消費者のスマホ使用時間が増えた近年は小売店側も環境を改善し、商品を見やすくする、特典を提供する、適切な商品を勧める、購入がワンクリックで簡単にできるようにする…といった対応をしている。
 主な買い物の場がパソコンのウェブサイトから携帯アプリへと移る「アプリフィケーション・オブ・ショッピング」の進行は、消費者の買い物習慣や小売業界の商習慣を激変させる見通しで、販売戦略が変わり、業者が再び勝ち組と負け組に分かれると見られている。
 また、パソコンでまとまった注文を1度に行うのでなく、スマホで小さな買い物を頻繁に行う「スナッキング」と呼ばれる買い方が増えているため、小売店の発送コストを上昇させる可能性がある。一方で、携帯端末はパソコン経由の販売も増やしており、フランスのオンライン個別化広告会社クリテオ(Criteo)によると、2015年10〜12月期にデスクトップで行われた取引の約40%は消費者が小売店のアプリか携帯サイトを見た後に行われた。

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

この著者の最新の記事

関連記事

注目の記事

  1. 前を走っている車が跳ねた石が、車のフロントガラスに当たって傷がついた経験がある人も多いと思い...
  2.  颯爽とかっこよくサーフボードに乗りサーフィンする犬。砂浜で仲間と楽しそうにたわむれ、水しぶきを浴び...
  3. テマケリア。一度聞いたら忘れられない、コケティッシュなネーミング。ブラジル生まれの「手巻き寿司ファストフードの店」のことをさす。
  4. アメリカに住んでいる永住権保持者が、アメリカを数カ月離れる必要があり、米国外で子どもを産むこ...
  5. E2ビザ(貿易駐在員、投資駐在員ビザ)はアメリカと通商条約を締結した国の国民に発行されるもの...

デジタル版を読む

フロントライン最新号
ページ上部へ戻る