CO2を固形化、地下に貯蔵
アイスランドの研究で成果

blue-88068_640

 大気中の二酸化炭素(CO2)を強制的に減らし、地球温暖化を食い止めようとする研究が各国で行われている。そのうち、アイスランドで進行中のCO2を岩石に変えて地中に貯蔵するという計画が、速さと確実性で注目されている。
 ニューヨーク・タイムズによると、CO2を大気中から取り除く方法としては、大量発生源から排出と同時に回収し、その容器を地中や水中などに保管するいわゆるCCS技術がこれまでの主流だった。しかし、これを商業規模で行っているのはカナダの発電所1カ所のみで、問題も多く、大量のCO2を大気中から排除するには多額を投資して他の発電所や工場などに技術を導入する必要がある。さらに、地下貯蔵された気体または液体のCO2は漏れ出す恐れもあるため、数十年もしくは数百年にわたって貯蔵施設の監視を続けなければならない可能性がある。
 これに対し、コロンビア大学ラモント・ドハティ地球科学研究所(ニューヨーク州)などのチームが進める計画「カーブフィクス(CarbFix)」は、まず回収したCO2を水に溶かし、特定の岩に注入して化学反応を起こさせ、CO2を炭酸カルシウム(方解石)に変えるという方法で、うまく行けばCO2を永久に岩の中に封じ込められるという。

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

この著者の最新の記事

関連記事

注目の記事

  1. まだ暑い9月ですが、一足先に秋のメニューをご紹介します。主菜には、北海道の郷土料理、ちゃんちゃん焼き...
  2.  この原稿を書いている時点では、まだ発表されていない2016年のエミー賞。テレビ界のアカデミ...
  3. 2016年11月2日

    第97回 The Sato Project
     The Sato Projectというアニマル・レスキュー団体で、日々情熱を注ぎ活...
  4. 名産のチーズと ラクロスゆかりの町 広いアメリカ、まだ知られていない旅先...
  5. 2017年12月1日

    帰国準備
    引越しは仕分けが重要 辞令が出たら即仮予約を 日本への帰任辞令が出た時に、帰国準備は何から始...

デジタル版を読む

フロントライン最新号
ページ上部へ戻る