自殺者数、過去15年で急増
経済悪化も一因か

despair-1235582_640

 国内の自殺者数が、この15年で急増していることが厚生省疾病対策センター(CDC)の最新統計で分かった。直前の15年間は減少していたため、傾向の急変には薬物乱用の増加や経済の不均衡といった要因が関係している可能性も指摘される。
 ウォールストリート・ジャーナルによると、自殺は現在、米国人の死因の10番目だが、同じく上位にある心臓疾患やがんなどと違って1999年から2014年にかけて24%も伸びたといい、特に06年以降は年2%増とそれ以前より倍の増え方になっている。別のCDC統計でも、15年上半期は自殺者の増加傾向は続いている。
 99〜14年統計では、中年で男女ともに自殺者が急増したこと、特に白人の余命が短縮したことが目立った。45〜64歳の白人女性の自殺者数は80%、白人男性は59%増加した。

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

この著者の最新の記事

関連記事

注目の記事

  1.  暑い日に食べたい冷やし中華。いつもの定番の冷やし中華を少しアレンジして、トマトと大葉の香りが食欲を...
  2. ミッドランドへ 旅の出発地、テキサス州ミッドランドへ向かう。アメリカでは1920年代...
  3. カリフォルニア州カルバーシティのオフィスを構えるShinano Kenshi Corporati...
  4. エース投手で4番打者というのは少年野球や高校野球ではよくあるパターンだが、プロ野球やメジャー...
  5. アメリカに住んでいる永住権保持者が、アメリカを数カ月離れる必要があり、米国外で子どもを産むこ...

デジタル版を読む

フロントライン最新号
ページ上部へ戻る